映画「戦場のメリークリスマス」

例えば先の映画「スター・ウォーズ」のシリーズように、有名な作品だけれど私は見ることができないままになっていたという作品(たくさんあるのですが)の一つに、大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」がありました。

映画自体を見たことがなくても、坂本龍一さんの作曲したこの映画のテーマ音楽は、「戦場のメリークリスマス」と聞けばすぐに思い出すことができますし、おそらくテレビでも何度も放送されている作品だと思うのですが、これまで何となく見ることができずにいたのです。それが、NHKのBSプレミアムでクリスマスの夜に放送されるということを知り、今度はちゃんと見てみることにしました。

映画「戦場のメリークリスマス」は、日本とイギリスとニュージーランド合作の、1983年の作品でした。原作はサー・ロレンス・ヴァン・デル・ポストさん、脚本は大島渚さん、ポール・マイヤーズバーグさんです。

1942年のジャワ島を統治していた日本陸軍の俘虜収容所(捕虜収容所)を舞台にした、日本の軍人とその捕虜となった英国軍の兵士の出会いと別れの物語だったのですが、冒頭の「事件」にも描かれていたような、男性同士の同性愛的な精神に貫かれた映画だったように思え、このような映画だったのかと少し驚きました。

坂本龍一さんの演じる収容所の所長のヨノイ大尉は、捕虜(俘虜)として連れて来られた、デヴィッド・ボウイさんの演じる英国軍少佐のジャック・セリアズに一目惚れをし(そのように見えました)、日本軍の命令に反抗的な態度を取るセリアズを他の反逆者たちのようには罰することができませんでした。セリアズは、最終的にはヨノイ大尉とは別の軍人から残酷な処罰を下されることになるのですが、処刑される前の、セリアズの行為に対するヨノイ大尉の驚きと動揺は、ヨノイ大尉の部下が言っていたように、ヨノイ大尉にとってセリアズが「心を乱す」存在だということを自覚させたものだったのかなと思いました。

ビートたけしさんの演じるハラ・ケンゴ軍曹と、トム・コンティさんの演じる英国軍の中佐で通訳のジョン・ロレンスの関係性も、少し変わっていました。ロレンスさんは穏やかな人で、そのためなのかどうかは分からないのですが、自分は日本人のヨノイ大尉やハラ軍曹の性格をよく理解していると感じていて、時に粗暴なハラ軍曹から不当な暴力を受けても、何か心を通わせているところがありました。

「戦場のメリークリスマス」というタイトルから考えると、戦争の映画だと思うのですが、確かに「戦場」ではあるものの、具体的な戦闘の場面は全く出てきません。女性も登場人物としては登場していませんでした。後半から唐突に描かれたセリアズの過去の回想場面は、イングリッシュガーデンのお花畑とセリアズの弟の少年合唱団のようなきれいな歌声が印象的でもあるのですが、それは、生徒会長だったセリアズが寄宿学校の男子生徒たちからいじめられていた新入生の弟を恥ずかしく思って積極的に助けることをせず、見て見ぬ振りをしてしまったということを、セリアズ自身が深く後悔していた記憶でした。

その過去の苦い出来事から、セリアズは兵士として戦争に参加し、捕虜となった後には、捕虜仲間を助けるために奔走していたようでした。

タイトルにある「クリスマス」の場面は、クリスマスの夜に、少し酔ったハラ軍曹が、処刑される予定になっていたロレンスとセリアズを独自の判断で牢から出すというところにありました。部下の葬儀では僧侶のようにお経をあげていたハラ軍曹は、”サンタクロース”になったつもりでいたようでした。「メリークリスマス!」と笑いながら二人に声をかけていました。収容所では、捕虜たちが静かにクリスマスの歌を歌っていました。

最後は、その4年後の、日本が敗戦した翌年の1946年に、収容所に入っていたハラ軍曹がロレンスと再会する場面でした。戦中と立場が逆転したハラ軍曹は、呼び出しに快く応じて訪ねて会いに来てくれたロレンスと少し話をした後、帰り際のロレンスを呼び止めて、最後に「メリークリスマス!」と言うのですが、そのビートたけしさん演じる満面の笑みのハラ軍曹の顔とそれが制止した直後の暗転した背景のエンドロールの音楽に、一気にとても悲しい気持ちになりました。悲しいのですが、とても良かったです。ハラ軍曹の「メリークリスマス!」は、永遠の別れの言葉でもあったのだろうと思います。戦場で軍人同士として出会った日本人と捕虜となった英国人、欧米人たちとの文化的な共通点が、「クリスマス」という行事だったのかもしれないなと思いました。

何というか、「戦場のメリークリスマス」は、紛れもなく第二次世界大戦(太平洋戦争)を描いた戦争映画なのだとは思うのですが、ファンタジーのようでもあり、リアルでもあるような気がしました。リアルに思えたのは、戦地での出来事の部分というよりも、丁寧に描かれていたように思えた、登場人物の感情の部分かもしれません。ヨノイ大尉が、見殺しにしたセリアズの髪の一部を切って遺髪として持ち帰るという場面も、ヨノイ大尉(戦後処刑されたということでした)のセリアズに対する敬意を表していたようでした。

最初は私にはどのように見れば良いのか分からないという感じでもあったのですが、でも、見なければ良かったという気持ちにはなりませんでした。私の印象としては、「戦場のメリークリスマス」は、何か不思議な戦争映画でした。この映画が映画界でどのように評価されているのかは私には分からないのですが、登場人物の配役も合っていたように思いますし、テーマ音楽はやはり美しく聴こえました。見ることができて良かったと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム