「いとの森の家」

NHKのBSプレミアムで放送され、録画をしておいた、NHK福岡放送局制作の福岡発地域ドラマ「いとの森の家」を見ました。

福岡県の糸島市を舞台にしたドラマでした。東京で暮らしている主婦の加奈子(永作博美さん)は、小学校4年生の時に東京から糸島の分校に転校した時の一年間親友だった咲子(渡辺真起子さん)に呼ばれ、同窓会に参加するため、35年ぶりに糸島を訪れることとなりました。咲子さんは、子供の頃の夢を叶えて、地元でカフェを開いていました。

そして、物語は、夫とケンカ中で家を出るように糸島に来た加奈子さんと、実は癌を患っていた咲子さんが、35年前の、森の奥で一人暮らしをしていた“おハルさん”(樹木希林さん)という不思議なおばあさんと出会った小学生の頃の思い出を辿る中で、死刑囚の慰問を続け、毎日を大切に生きていたおハルさんの生き方と向き合い、今の自分の人生にも幸せを見出すことができるようになっていく、という話でした。

原作は、私は未読なのですが、東直子さんの小説『いとの森の家』です。脚本は坂口理子さん、演出は木寺一孝さんでした。

ドラマは「前編」と「後編」として二日連続で放送されていたのですが、小学生時代の楽しい思い出が描かれていた「前編」(前半)よりも「後編」(後半)の物語のほうがシリアスでした。

おハルさんの家で遊んでいた小学生の加奈子さん(濱田ここねさん)たちは、おハルさんが死刑囚の慰問を続けていることを知ってから、おハルさんの行動に否定的な町の大人たちの考えもあって、おハルさんとは何となく疎遠になっていました。加奈子さんは、おハルさんのことが気になっていたのですが、東京へ戻ってから、その後のおハルさんのことは分からないままになっていました。咲子さんたちは、突然森の家からいなくなったおハルさんについて、おハルさんは自殺をしたと思っていたようでした。

そのため、誰もおハルさんの森の家には近づいていなかったようだったのですが、加奈子さんは、死刑囚の慰問を行っていたおハルさんに取材を申し込んだことのある記者の話から消息を探り、晩年のおハルさんが入所していたというホスピスにたどり着くのでした。加奈子さんは、ホスピスの院長(品川徹さん)から、日系移民としてアメリカで暮らしていたおハルさんが太平洋戦争中にはアメリカの収容所に入れられていたことを聞くのですが、院長によると、少女時代のおハルさんは、日系二世の息子をアメリカ兵として送り出していた日本人の夫婦を追い詰める大人たちに協力し、その結果その夫婦が収容所の片隅で自殺をしてしまったという出来事について、深く後悔していたようでした。首を吊った夫婦の姿を忘れることができず、逃げるように日本へ戻ってきたというおハルさんは、それから生と死のことをいつも考えて過ごすようになったようでした。

加奈ちゃんには残酷なことが起きませんように、幸せな人生でありますように、とおハルさんが森の家で祈ってくれたことを、加奈子さんは思い出していました。

それから、おハルさんの遺品の手紙の束の中から、小学生の頃の加奈子さんが書いた糸島の思い出を綴った作文を見つけた加奈子さんと咲子さんは、おハルさんに教えてもらった“シナモンの木の命”のことや、楽しい明日が来ることを素直に待ち遠しく思っていた頃のことを思い出していました。

何でもないことが大切、これまでのことが全部良かったことだと思えることが本当の幸せということかもしれない、と森の家のおハルさんの幻影が現代の加奈子さんに語りかけている場面も、良かったです。加奈子さんは、自分が幸せだということに気付いていたようでした。

カフェを辞めようかと考えていた咲子さんは、もう少しお店を続けることにしていました。思い出のシナモンをエプロンのポケットに入れてお守り代わりにしていました。加奈子さんも東京へ戻り、「ただいま!」と元気にマンションの部屋のドアを開けていました。

自然溢れる糸島の風景が穏やかでした。前半は、糸島の紹介も兼ねていたのだろうと思うのですが(土器や黒曜石が出土するそうです)、後半は、普遍的な物語になっていました。アメリカでの日系移民の戦争のことも、当時の実際の写真と共に盛り込まれていて、多面的な展開になっていて、良かったように思います。

この「いとの森の家」のドラマに戦争のことが盛り込まれていたのは、原作通りということもあるのかもしれないのですが、今年が「戦後70年」の年だったこともあるのかもしれません。数日後に始まる来年は「戦後71年」の年でもありますが、「安全保障関連法案」というものが成立し、それによって武器の輸出入をすることや武器を携えた自衛隊が海外の戦地へ派遣されるかもしれないことが決まってしまった今年は、もしかしたら、ある意味では「“戦後”の終わり」の年だったのかもしれないなと思います。

ともかく、このドラマの樹木希林さんの演じるおハルさんが、とても良かったのです。小学生たちには、何というか、おハルさんは不思議な魔女のおばあさん(当然のことながら、良い意味です)のようにも見えたのだろうなと思いました。森の中のすてきな家で一人で暮らしている、子供と猫を大切にするおハルさんを、町の大人たちがもっと受け入れることができたなら、おハルさんの暮らしはもっと幸せなものになったのかもしれないなとも思いました。私にはすごく面白いドラマだったというのとは少し異なるかもしれないのですが、それでも、良いドラマだったように思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム