「相棒season14」第10話(元日スペシャル)

テレビ朝日のドラマ「相棒season14」の元日スペシャル、第10話「英雄~罪深き者たち」を見ました。

恒例となっている1月1日の夜9時から放送される「相棒」のスペシャルです。私は録画をしておいたものを後で見たのですが、今回の元日スペシャルは、極左グループ「赤いカナリア」の元幹部の本多篤人(古谷一行さん)と娘の茉莉(内山理名さん)のその後を扱った、「赤いカナリア」の物語の完結編でした。

官房長官の音越栄徳(西村和彦さん)と官房副長官になった片山雛子(木村佳乃さん)が新会派結成と総裁選出馬の記者会見を開いた夜、その舞台が爆発するという事件が発生する、というところから物語は始まり、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊さん)は、音越議員の“お膝元”となっていた富山の町へ、法務省から出向中の冠城亘(反町隆史さん)は、雛子さんに呼ばれて本多さんたち「テロリスト」を探す会議に出席することになりました。警察庁長官官房長付の甲斐峯秋(石坂浩二さん)も、雛子さんに呼ばれて捜査の協力をすることになりました。

「テロに屈しない」を掲げる政治家の雛子さんが、テロリズム行為を行う本多さんたちを逮捕しようとする物語でもあったのですが、前議員を焼身自殺に追い込んだ音越議員への、前議員に救われたかつての子供たちの時生(郭智博さん)と植村明梨(武田梨奈さん)による復讐劇でもありました。

明梨さんが森の毒蛇の毒を使って音越議員への復讐を遂げる場面は、良かったように思います。

本多さんと共に時生さんに協力していた元暴力団組長の鞘師九一郎(橋本さとしさん)は、サルウィン共和国で兵士をしていて現地の外交官でもあるということだったのですが、「サルウィン共和国」は、寺脇康文さんが演じていた“初代相棒”の亀山薫さんが行っている国だったように思いますし、冒頭でも警視庁を退職した、元捜査一課の三浦信輔(大谷亮介さん)が右京さんに愛に来て情報を提供したりしていました。三浦さんの再登場は少し嬉しく思えたのですが、岸部一徳さんの演じていた故・小野田官房長(「劇場版2」で亡くなってしまいました)の話題が出たり、本多さんの娘が病気で亡くなったり、時生さんと明梨さんの復讐に協力した本多さんが音越議員に殺されたり、野心家で努力家の雛子さんが自らの意思で議員辞職をしたり、何というか、旧作の物語を終わらせようとする話でもあったのかなと思えました。

5年前という「赤いカナリア」の事件のことに当時の冠城さんが関わっていたという展開は、私には少し無理矢理の感じにも思えました。でも、鑑識の米沢守(六角精児さん)が集めていた石の中からもらった、カーネリアンの「願い石」(願いを掛けた一つの石を二つに割ってそれぞれが持つというお守りの石)を二人で持つようになったということも含めて(何となく少し奇妙にも思えるのですが)、右京さんと冠城さんが絆を深める回ということだったのかなと思いました。

“合法的”に強く新しい日本を作ろうと画策する現職の政治家と“テロリスト”の物語として、「政治」のことが描かれるのは「相棒」のドラマらしいですし、雪の降る中、良いお年を、今年もよろしくと言い合って別れた冠城さんと右京さんの最後の場面も、「元日スペシャル」らしく思えました。

右京さんと冠城さんのカーネリアンの「願い石」は、いつか再び登場するのでしょうか。毎回の感想を書くことができるかどうかは分からないのですが、これからの「相棒14」の後半も見ていこうと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム