「お義父さんと呼ばせて」第1話

フジテレビの新ドラマ「お義父さんと呼ばせて」の第1話を見ました。初回は15分拡大版で放送されていました。

28歳年下のシステムエンジニアの花澤美蘭(蓮佛美沙子さん)にプロポーズをした結婚歴のない中堅専門商社・やまびこ商事の51歳の営業マンの大道寺保(遠藤憲一さん)と、美蘭さんの父親で大手総合商社・帝洋物産で最年少役員に選ばれた51歳のエリートビジネスマンの花澤紀一郎(渡部篤郎さん)による、美蘭さんの結婚話をめぐったホームドラマでした。

その他の主な登場人物は、紀一郎さんの妻で3人の子供を育てた主婦の静香(和久井映見さん)、美蘭さんの兄で一流電機メーカーのサラリーマンの葉理男(中村倫也さん)、美蘭さんの妹で大学生でモデルでもある真理乃(新川優愛さん)、夫のいる入居者の女性に手を出して老人ホームを追い出されたという紀一郎さんの父親の花澤昭栄(品川徹さん)、帝洋物産のサラリーマンで美蘭さんを好きな砂清水誠(山崎育三郎さん)、紀一郎さんの秘書の愛川希和(中村アンさん)、花澤家のチワワ犬の太郎でした。

脚本は林宏司さん、演出は星野和成さんでした。

遠藤憲一さんの演じる、顧客のためには汗をかくことも厭わないという筆まめな昔ながらの営業マンの保さんと、渡部篤郎さんの演じる、昔ながらの営業マンの泥臭さを否定し、仕事も家庭生活も理想的というスタイリッシュな完璧な男を目指す紀一郎さんの、対照的な感じが面白かったです。

娘の婚約者が自分と同い年の51歳だと知った父親の紀一郎さんは、長女の夫が保さんでは結婚式の時に見栄えが悪いという理由でも反対をしているようでした。

美蘭さんは、父親の紀一郎さんと似た頑固なところのある人で、結婚に反対する父親のことを怒りながらも、父親のことを好きであるようでした。紀一郎さんは、家出をした数時間後に帰ってきた美蘭さんが持ってきた達筆な手紙に感動していたのですが、その手紙は美蘭さんが書いたものではなく、美蘭さんから父親の話を聞き続けるうちにそのことを知った保さんが、美蘭さんの気持ちを紀一郎さんに伝えるために書いた手紙でした。その最後の手紙の場面も、何だかかわいらしい感じがして面白く思いました。

父親が娘の結婚に反対するというのは、ドラマなどではよくある話だと思いますし、今回の「お義父さんと呼ばせて」のドラマも、そのような点では、シンプルな展開の、分かりやすいホームドラマなのかもしれません。でも、美蘭さんをめぐって繰り広げられる父親と同い年の婚約者の物語というだけではなく、紀一郎さんが3人の子育ては妻に任せ切りだったという花澤家の家族の物語でもあるのかなと思いました。

ドラマの語りは、未来の?美蘭さんでした。未来の美蘭さんが過去を振り返って、保さんとの出会いや結婚までの出来事を物語として語っているという感じでした。

登場人物の紹介も兼ねていたのかもしれないですし、第1話を見た限りでは、このドラマがすごく面白いのかどうかは私にはまだよく分からなかったのですが、夜の10時台に気軽に見ることのできる家族ドラマにはなっているのかもしれないなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム