「真田丸」第3回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第3回「策略」を見ました。

第3回では、天正10年、信濃の真田の郷へ戻った真田安房守昌幸(草刈正雄さん)は、真田家の生き残りをかけて、上杉家への密書を嫡男の真田源三郎信幸(大泉洋さん)に託したのですが、真田家の考えに反発した信濃国衆の一人の室賀正武(西村雅彦さん)と出浦昌相(寺島進さん)に妨害され、忍びの佐助(藤井隆さん)を殺された上に大切な密書を奪われてしまいました。信幸は密命の失敗と佐助の死の責任を感じて落ち込むのですが、実はそれも昌幸の策略の一つでした。佐助も無事でした。昌幸は出浦昌相と裏で結託し、室賀正武が密書を奪い取るように仕組んでいました。昌幸は、室賀が奪い取った真田家の密書を織田方に届けると見越して、織田信長に会いに行こうと決めていました。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は木村隆文さんです。

真田の郷に帰った真田源次郎信繁(堺雅人さん)は、昌幸の側近の高梨内記(中原丈雄さん)の娘で幼馴染みのきり(長澤まさみさん)や、地侍の堀田作兵衛(藤本隆宏さん)やその妹の梅(黒木華さん)と再会を喜んでいました。きりは源次郎を好きで、源次郎は梅を好きという感じだったのですが、源次郎が買って来たお土産の櫛に露骨な差があったのも面白く思えました。梅さんには、黄緑色の組紐のかかった箱入りの漆塗り?の櫛をプレゼントしていました。

少しがさつそうなきりさんの話し方が現代風だったのも意外と自然で良かったですし、女性らしい雰囲気でもあり力持ちでもある梅さんとの対照的な感じも楽しく思えました。源次郎の気を引こうとして足を怪我したふりをしたきりさんを背負おうとした源次郎の隣に作兵衛さんが来ていた場面も面白かったです。

信幸の妻のこう(長野里美さん)は病弱な人だったのですが、咳き込み過ぎて語尾が聞こえなくなる感じのわざとらしさ?も何だか面白かったです。当主を裏切って処刑された小山田信茂(温水洋一さん)の一門の小山田茂誠(高木渉さん)が落ち武者のようになって草を食べながら?高遠城に入った徳川家康(内野聖陽さん)の前を通りかかっていたのには驚いたのですが、本多忠勝(藤岡弘、さん)に斬り殺されずに済むと、その後落ち武者のようなボロボロの姿で真田の郷に現れ、妻の松(木村佳乃さん)と再会することができました。良かったです。

大人たちの策略に振り回されて疲れていた信幸は、織田信長(吉田鋼太郎さん)に会いに行くことを決めた父が弟の信繁を連れて行くということに反発していたのですが、嫡男を連れて行くわけにはいかないと説得されて、真田の郷で待つことを受け入れ、旅立つ昌幸と信繁を送り出していました。

コメディとシリアスのバランスが良いように思えますし、物語にメリハリがあって、見ていて楽しく思えます。登場人物の個性もはっきりと描かれていて楽しいですし、昌幸や国衆同士の「策略」もちゃんと描かれていたように思いますし、歴史ドラマらしい「大河ドラマ」として、これからも安心して面白く見ることができるように思えました。次回の「真田丸」も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム