「わたしを離さないで」第3話

TBSの金曜ドラマ「わたしを離さないで」の第3話を見ました。

第3話は、第1章の終わりということでした。

「陽光学苑」の寄宿舎で育った、生徒の保科恭子(綾瀬はるかさん)、土井友彦(三浦春馬さん)、酒井美和(水川あさみさん)、珠世(馬場園梓さん)、花(大西礼芳さん)、真実(中井ノエミさん)たちは、学校を卒業して外へ出て行くこととなり、学校側が用意した家を選んでそれぞれで暮らしていかなくてはいけなくなりました。

教師を続けていた堀江龍子(伊藤歩さん)は、卒業式の前、外へ出たらプロのサッカー選手になりたいと話す友彦さんたちの教室にやって来ると、あなたたちは何者にもなれない、提供者にしかなれないように管理されている、家畜と同じで、補助金をもらいたい学校に食い物にされている、あなたたちの未来は決められているのだから夢を見たって無駄だ、と教え、校長の神川恵美子(麻生祐未さん)や図画教師の山崎次郎(甲本雅裕さん)たちに連行されながら、殺されないで!と叫んでいました。

龍子先生は、精神を病んでいるという理由で、退職させられることになり、外の世界が何なのかを龍子先生から最後まで聞くことができなかった友彦さんは、癇癪を起こして恭子さんに止められていました。

次郎先生を好きだった美和さんは、次郎先生に完全に拒絶されると、恭子さんが仲良くしている友彦さんに好きだと告白し、友彦さんも同情的に美和さんを受け入れたため、二人は付き合うことになりました。美和さんからそのことを伝えられた恭子さんは、動揺はしていたのですが、自分も友彦さんを好きだと打ち明けることはできず、しかも美和さんに3人で一緒の家で暮らそうと誘われたことも、断ることができませんでした。

恭子さんは、珠世さんと花さんの誘いを断って、美和さんと友彦さんと暮らすことを決めたのですが、卒業式の後、恭子さんは感情的な美和さんとは仲の悪かった冷静な真実さんに声をかけられ、校長先生からもらった靴の中に入っていたという、壊れた発信機を渡されました。自分たちは監視されている事実を恭子さんに教えた真実さんは、連絡するからと言って、別の車で外へ出て行きました。車を見送った校長先生は、発信機が取り出された運動靴が落ちているのを発見すると、どうして私に逆らうのかと、悔しそうにその破れた靴を地面に叩きつけていました。

脚本は森下佳子さん、演出は山本剛義さんでした。

提供者たちのお世話をする介護人の仕事をしている恭子さんの場面から始まっていたのですが、思っていたよりも、今回の第3話を面白く見ることができたような気がします。

臓器移植のために作り出された存在だという自分たちの“出生の秘密”を冷静に受け止めていた真実さんは、このドラマの重要な登場人物だったようでした。真実さんの存在が、このドラマを、普通の青春ドラマになりそうなところからSF的ドラマに戻していたように思えました。

寂しがりやで強気の性格の美和さんと、そのような美和さんを放っておくことができずに支配されてしまう感情を抑圧する性格の恭子さんの歪んだ友情の展開は、何となく分かるような気もしたのですが、時々癇癪を起こす純粋そうな友彦さんは、いわゆるただの“サッカーバカ”のようにも見えてしまい、このような描写で良かったのだろうかと、勝手に少し気になってしまいました。

最後、恭子さんたちを乗せた車は、廃墟のような一軒家の前に到着していました。予告によると、「第2章」となる次回からは、この廃墟のような家での謎の集団生活?が始まるようでした。

国によって?臓器提供者となる以外には何者にもなれないように管理されているという子供たちを、学校(あるいは国)が、学校の外の世界の人間と同じ普通の社会的な人間として育ててから、「提供者」として学校の外に送り出すことの理由が、私にはまだいまいちよく分からないようにも思えるのですが、次回も見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム