「東京センチメンタル」第3話

テレビ東京の「ドラマ24」の「東京センチメンタル」の第3話「人形町の恋」を見ました。

第3話では、東京の言問橋にある老舗和菓子店「くるりや」の店主の55歳の久留里卓三(吉田鋼太郎さん)は、近所の喫茶店で二番目の元妻の玲子(大塚寧々さん)と楽しく話していたのですが、玲子さんが帰った後、男性と言い争いになって一人残されて席で泣いていた女の子にそっとハンカチを差し出しました。

その女の子は、アルバイト店員の須藤あかね(高畑充希さん)の大学の友人の21歳の羽田なつみ(川栄李奈さん)で、喫茶店で出会った優しい年上の男性を運命の相手だと感じたなつみさんは、その大人な男性があかねさんのアルバイト先の店主だと知ると、後日、ハンカチのお礼として卓三さんを人形町デートに誘い、大観音寺で待ち合わせをして、人形町の散策を楽しむのでした。

「よね家」で食事を楽しんだなつみさんは、大人の魅力を醸し出す卓三さんをさらに好きになり、次のデートでは大人っぽい黒のドレス姿で現れて、卓三さんを魅了していました。

二人でスペイン料理店に入ると、なつみさんは、男運が悪かったという自分の過去も肯定してくれる卓三さんをますます好きになっていたのですが、なつみさんが化粧室に立った後、そこへお店の外から卓三さんを見かけた玲子さんが入って来て、なつみさんは、卓三さんがきれいな大人の女性と楽しそうに話しているのを見てしまうのでした。

脚本と監督は、今泉力哉さんでした。

第3話も面白かったです。

慣れないハイヒールを履いて一日歩いていたなつみさんの足に靴擦れができていることに気付いた卓三さんが橋の上で絆創膏を貼っていた場面も良かったですし、なつみさんと「キス」の展開になりかけた卓三さんが興奮し過ぎて?メガネを曇らせるという展開も、何だか面白かったです。

卓三さんにまだ子供扱いされていると感じたなつみさんが、久留里さんに似合うような大人の女性になりますと告げて去って行く感じも、すっきりとしているように思えました。

第3話は、卓三さんが若い女性に淡い恋をする話というよりは、大学生のなつみさんが大人の男性の魅力溢れる卓三さんに憧れる話だったので、なつみさんの気持ちが丁寧に描かれているように思えたところが良かったような気がします。

なつみさんと卓三さんのデート中にも現れた、最近「くるりや」に和菓子を買いに来るようになった元妻の玲子さんは、まだ卓三さんのことを好きということなのでしょうか。

次回の物語も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム