「真田丸」第5回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第5回「窮地」を見ました。

第5回は、徳川家康の「伊賀越え」の話でもありました。本能寺に滞在していた織田信長が家臣の明智光秀に討たれたことを知った徳川家康(内野聖陽さん)は、家老の石川数正(伊藤正之さん)と重臣の本多平八郎忠勝(藤岡弘、さん)と元武田家臣の穴山梅雪(榎木孝明さん)と脱出場所を探るために地図を広げ、伊賀の山中を通って帰ることを思い付いていました。

穴山梅雪は家康とは別の道を行くと言って別れた後、落ち武者狩りに殺されたらしいということが解説で伝えられていました。落ち武者狩りの盗賊や明智軍に追われながら逃げていた家康は、伊賀で服部半蔵(浜谷健司さん)と再会し、その案内で山を抜けていたのですが、とりあえず押し通って行こうとする、身だけではなく発言も軽い感じの半蔵さんも、恐怖心と闘いながら勢いで進んでいく感じの家康も何だか面白く思えました。

真田の郷の真田安房守昌幸(草刈正雄さん)は、織田信長の死を知って、織田家の家臣となった真田家が次に進むべき道を迷っていました。真面目な嫡男の真田源三郎信幸(大泉洋さん)は、織田の家臣として振舞うべきだと考えていたのですが、味方になってほしいという書状を持って来た明智の家臣を捕まえた昌幸は、国衆の室賀正武(西村雅彦さん)たちに反対されながらも、上杉家とつながることを模索していました。しかし、昌幸の弟の真田信尹(栗原英雄さん)と会った越後の春日山城の上杉景勝(遠藤憲一さん)と家臣の直江兼続(村上新悟さん)からは、真田家の力になることはできるけれど、弱っている織田家を信濃の小県から追い出すための戦いには協力できないと断られてしまいました。

安土にいる真田源次郎信繁(堺雅人さん)は、戦が始まるのではないかという噂の真相を探るために、矢沢三十郎頼幸(迫田孝也さん)と一緒に京都へ行き、焼け落ちた本能寺を見たのですが、京都へ来る途中に明智軍の一行とすれ違ったことを思い出し、織田家の人質となっている姉の松(木村佳乃さん)が危ないということに気付いて、急いで安土へ引き返していました。そして、松さんの夫の小山田茂誠(高木渉さん)と3人で混乱している場内へ入り、松や他の人質の女性や子供たちを連れて、タヌキが出ていた井戸の底にあった抜け道を通り、場外へ脱出したのでした。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は木村隆文さんでした。

第5回は、「本能寺の変」後の2日間のできごとが描かれていたようでした。

すんなり入れるかもしれません、と茂誠さんに言われた通りに城内にすんなりと入っていた辺りも、三谷幸喜さんの作品らしくて楽しい感じがしたのですが、今回も、政治的なというか、真田家や徳川家の策略などの部分がしっかりと描かれているように思えたところが、良かったのだと思います。

最後のほうで、真田昌幸と信幸は、織田の家臣の滝川一益(段田安則さん)に呼ばれて会いに行き、良い温泉はないかと聞かれて草津の温泉を勧めていました。信長がもうすぐ戦のない世を完成させるのだということを昌幸さんたちに話していた滝川さんは、「本能寺の変」が起きたことをまだ知らない様子だったので、歴史に疎い私は、滝川さんは一体どこにいるのだろうと少し不思議に思いながら見ていたのですが、滝川さんは信長の命によって、厩橋城へ入っていたようでした。

本編の後の「真田丸紀行」によると、舞台を作るほど能を好きだったらしい滝川一益が厩橋城にいたのはわずか3か月間だったそうです。厩橋城が群馬県の前橋にあるということを聞いて、もしかしたら「前橋(まえばし)」という地名はその「厩橋(まやばし)」から来ているのかなと思いました。

物語の展開が早いので、大河ドラマの約45分があっという間に終わってしまうように思えるのですが、次回の物語もまた楽しみにしていようと思います。

ところで、これは大河ドラマの「真田丸」とは直接には関係のないことなのですが、先日の「歴史秘話ヒストリア」は武田勝頼の特集で、なかなか感動的なドラマ仕立て(勝頼を演じていたのは崎本大海さん、北条夫人を演じていたのは鎮西寿々歌さんでした)になっていたことに少し驚きました。「ヒストリア」はいつも多少ドラマ仕立てですし、どちらかというと少し感情的であるようにも思えるので、私には歴史的な点が誠実に描かれているかどうかということなどはよく分からないように思える部分もあるのですが、でも、良かったです。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム