「ワンス・アポン・ア・タイム3」第16回

NHKのBSプレミアムの海外ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム3」の第16回を見ました。

緑色の嵐が吹き荒れていた森で、ある夫婦が捨てられていた赤ちゃんを拾い上げていました。赤ちゃんが魔法を使うのを見た夫は、赤ちゃんを少し気味悪く思っていたのですが、子供のいない妻は赤ちゃんをかわいく思ったようで、自分たちの子供として育てることにしていました。二人は赤ちゃんをゼリーナと名付けて、3人でエメラルドの都を目指す道を進んで行きました。

成長したゼリーナ(レベッカ・メイダーさん)は、父親と二人で暮らしていました。妻を亡くしてから酒浸りの日々を過ごしていた父親は、魔法を使い、自分の負の感情を表に出すゼリーナを拒絶していたようで、ゼリーナに本当の娘ではないことを伝えていました。ショックを受けたゼリーナは、本当の家族を捜すため、オズの魔法使いに会いに行くことにしました。

エメラルドの都に到着したゼリーナは、お城にいるオズの魔法使いと会い、後悔するかもしれないが真実を教えると言われて、母親のコーラに森に捨てられたこと、妹のレジーナ(ラナ・パリーヤさん)は母親の望み通り女王になったこと、全ての国の中で最も強いルンペルシュティルツキン(ロバート・カーライルさん)に魔法の使い方を教わっていることを、教えられました。悔しく思ったゼリーナは、しかし、オズの魔法使いから、かかとを3回打ち鳴らせば望みの場所へ行くことができるという銀の靴を与えられました。オズは、お礼はルンペルシュティルツキンの持ち物だとゼリーナに伝えていました。

銀の靴のかかとを3回打ち鳴らしたゼリーナは、緑色の煙と共にお城のレジーナの部屋へ瞬間移動し、そこでルンペルシュティルツキンと出会いました。予言によって「呪い」の完成にはコーラの娘が必要だと考えていたルンペルシュティルツキンは、髪から緑色の魔力が検出された、コーラの最初の娘の出現に驚いていました。

現代のストーリーブルックでは、ベルファイアのニール(マイケル・レイモンド・ジェームズさん)の埋葬が行われていました。息子のヘンリー(ジャレッド・ギルモアさん)やエマ・スワン(ジェニファー・モリソンさん)、フック船長のキリアン(コリン・オドナヒューさん)たちは、スコップで一人ずつ、ニールの棺に土をかけていました。

その後の赤ずきんのおばあちゃんのお店では、エマがゼリーナに復讐をしたいとキリアンに話していたのですが、キリアンは、復讐をしても気持ちは晴れないとエマを説得し、ヘンリーにヘンリーと同じくらいの頃の父親のベルファイアのことを話すことにしていました。

レジーナとティンカー・ベル(ローズ・マクアイヴァーさん)は、獅子の入れ墨のあるロビン・フッド(ショーン・マグワイアさん)のことを気にしていたのですが、そこへ、西の悪い魔女のゼリーナが闇の王の剣を持って現れ、私はあなたの姉だとレジーナに告げると、私たちの過去を調べて真実が分かったら日没の頃に大通りへ来いと、異父妹のレジーナに決闘を申し込んでいました。

エマやメアリーと一緒に、コーラの遺品を探しに行ったレジーナは、ある手紙を見つけて、ゼリーナが自分の姉であると確信していました。森の中で一人でその手紙を読んでいたレジーナは、見回り中のロビン・フッドに手紙を取られ、それを読ませていたのですが、それはルンペルシュティルツキンの書いた手紙だったようで、そこには、コーラの最初の子供を手に入れた、君より強い力を持った魔女で、実にすばらしいと書かれていました。レジーナは、自分のことが書かれていると思い込んで、その手紙を長い間心の支えにしていたようでした。レジーナは、ルンペルシュティルツキンが私よりも強いと思っているのなら、私はこの決闘には勝てないと、ロビン・フッドに弱音を吐いていました。

過去の魔法の森では、ルンペルシュティルツキンがゼリーナに魔法の使い方を教えていました。怒りの感情をすぐに出すことのできるゼリーナは、目隠しをしたままでも簡単にルンペルシュティルツキンを捕まえることができました。ルンペルシュティルツキンは、怒りの感情をコントロールするためには幸せな瞬間を思い出すことが大切だとゼリーナに話し、自分の幸せな瞬間は、捨て子だった自分を引き取って育ててくれた糸紡ぎ姉妹のお茶会でパイの一口目を分けてもらった時だと言い、ゼリーナは、あなたが訓練を引き受けてくれた時だと嬉しそうにルンペルシュティルツキンに教えていました。

現代のストーリーブルックでは、ベル(エミリー・デ・レイヴィンさん)が地下室の檻の中に閉じ込められているルンペルシュティルツキンのゴールドさんに会いに行き、一緒に逃げようと手を伸ばしていたのですが、ゼリーナに妨害され、操られているゴールドさんは、今度余計なことをしたら私が手を下すと、ベルやエマたちに言い放っていました。

夜、港でヘンリーに父親のベルファイアのことを話して聞かせていたフック船長は、ヘンリーに六分儀を渡していました。本当のことを知りたがっているヘンリーには、まだ本当のことを話すことができなかったのですが、フック船長は、ヘンリーに、父親とよく似ているところがあると伝えていました。

大通りには、レジーナを守ろうと、エマたちが集まっていました。そこへ現れた黒と緑の服のゼリーナは、遅れて現れた黒と赤の服のレジーナと決闘を始めることになり、レジーナを魔法で時計台に突き飛ばしていました。

過去の魔法の森では、ルンペルシュティルツキンに止められたにもかかわらず、ゼリーナがお城のレジーナに刃を突きつけていました。しかし、そこにいたレジーナの正体はルンペルシュティルツキンでした。

ルンペルシュティルツキンは、呪いの完成には大きな代償が必要だが、ゼリーナの「一番愛している者」がルンペルシュティルツキンだとするなら、呪いの完成にゼリーナを使うのは危険だからやはりそれはレジーナに任せることにするということをゼリーナに話し、そのゼリーナの首の肌が妬みで緑色に変化していくのを見ていました。

呪いを使わなくても銀の靴があれば魔法のない世界へ行くことができると聞いたルンペルシュティルツキンは、ゼリーナを選び直そうとしていたようだったのですが、ゼリーナはルンペルシュティルツキンに後悔をさせようと、銀の靴でどこかへ去って行きました。

現代のストーリーブルックの時計台では、ゼリーナに突き飛ばされたレジーナは、ゼリーナに心臓を奪われそうになっていたのですが、レジーナの中に心臓はありませんでした。レジーナは、戦いに心臓は持っていくなと母に教えられた、あなたも母から教えられたでしょうね、もしも捨てられていなければ、とゼリーナに言い、ゼリーナは悔しがりながら、魔法のほうきで飛び去って行ったのでした。

ゴールドさんの檻のある地下室へ戻ったゼリーナは、第2のチャンスのためだと、レジーナの心臓を探しに出かけていたのですが、その頃、レジーナは、森の土の中から自分の赤い心臓を取り出し、他人にもらったものを盗むのは無理でしょう、と盗賊のロビン・フッドに自分の心臓を託し、しばらく預かってもらうことにしていました。

過去のエメラルドの都では、お城のオズに会いに行ったゼリーナが、過去に時間を戻すようオズに頼んで、それはさすがに無理だと断れられていました。怒ったゼリーナは、幕を引き下ろし、その向こうにいたオズの正体を見たのですが、それはウォルシュでした。

オズと名乗っていたウォルシュは、カンザス出身の芸人で、魔法の道具を集めていたようでした。時を戻す魔法はないとゼリーナに伝えたウォルシュは、忠実な家来がほしいと言い出したゼリーナによって、サーカスのポスターに描かれていた、翼の生えた空飛ぶ猿の怪物に姿を変えられてしまいました。そして、妹への妬みで全身が緑色に変わったゼリーナは、人生をやり直すために、レジーナが生まれる前の過去に戻る魔法を探す決意をしていました。

ゼリーナの過去が描かれた第16話も、とても面白かったです。

悪い女王のレジーナも迫力がありましたが、今回の最後の西の悪い魔女のゼリーナの迫力もすごかったように思います。

オズの魔法使いが、ニューヨークでエマにプロポーズをしたウォルシュで、ゼリーナの魔法で猿の怪物に姿を変えられていたという展開も、面白く思いました。

西の悪い魔女の肌の緑色は、他者への嫉妬の感情が表に現れたものだったようでした。心の中の思いが色になって肌に現れてくるというのも、面白いなと思いました。でも、これはゼリーナにだけ現れる症状なのでしょうか。

実の親に捨てられ、養父にも嫌われていたゼリーナのことは、少しかわいそうにも思えたのですが、養母はその後ゼリーナのことをかわいがってはいなかったのでしょうか。養父の話からすると、ゼリーナは養母にはかわいがられていたのではないかと思えたので、”全て持っている”レジーナを妬むゼリーナは、養母のことを忘れているのではないかなという印象でもありました。

あと、「銀の靴」が描かれてたのも、良かったです。私は昔読んだ絵本の印象から、ドロシーが西の魔女から奪った靴は銀色だと思っていたのですが、作品によっては赤い靴の場合もあり、どちらなのだろうと少し疑問に思っていたこともあるのですが、原作では「銀の靴」です。赤色の「ルビーの靴」が使われていたのはディズニーの映画作品で(私も見たことがあります)、それは作品の見栄えのために銀色から赤色に変更したものだったそうです。

時間を遡る魔法は、いつか見つかるのでしょうか。ゼリーナがデヴィッドから奪った「勇気」や、レジーナから奪おうとした「心臓」は魔術の材料らしいのですが、そうだとすると誰かの「脳」も必要になるのでしょうか。

予告によると、次回はフック船長の回のようでした。次回の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム