「真田丸」第6回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第6回「迷走」を見ました。

「本能寺の変」からまだ二日後の混乱の中、真田源次郎信繁(堺雅人さん)と矢沢三十郎頼幸(迫田孝也さん)と小山田茂誠(高木渉さん)は、織田の人質となっていた信繁の姉の松(木村佳乃さん)を連れて城下町を抜け出そうとしていたのですが、明智の兵に囲まれてしまい、忍びの佐助(藤井隆さん)が敵兵と戦っている間にも崖に追い詰められた松さんは、そのまま思い切って海に飛び込んでしまいました。信繁は自分のせいだと落ち込み、妻の行方を捜していた茂誠は、浜辺で松さんの着物を拾い上げて泣いていました。

一方、真田の郷にいる当主の真田安房守昌幸(草刈正雄さん)は、織田の家臣の滝川一益(段田安則さん)につくか、武田信玄の娘を妻に持つ北条氏政(高嶋政伸さん)につくかで迷っていました。真面目な嫡男の真田源三郎信幸(大泉洋さん)は、織田の家臣になったのだから織田の家臣として信長公の敵討ちをするべきだと考えていたのですが、信濃の国衆の室賀正武(西村雅彦さん)たちは、信濃や上野を守るために北条につくべきだという意見でした。透破(すっぱ)の出浦昌相(寺島進さん)は、織田の家臣の森長可の兵を護衛していました。

迷っている間、滝川一益に味方になることを約束した昌幸は、人質を出せという滝川さんの指示に従って、母親のとり(草笛光子さん)を沼田城へ送り出すことにしました。しかし、信幸の意見を聞いたり、真田の郷に戻って来た信繁と信濃の豊かさを語り合ったりした昌幸は、北条が厩橋城の滝川一益を攻めるという情報を得ると、真田が信濃の地を所有している限りどこにもつかないと決め、沼田城と岩櫃城を奪い返すと、信幸や信繁、側近の高梨内記(中原丈雄さん)たちに宣言していました。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は木村隆文さんです。

第6回も面白かったです。織田の家臣を続けるか北条の家臣になるかということで迷う昌幸の、まさに真田家の「迷走」が描かれていました。

松さんを救出できなかったことを後悔しながら真田の郷に戻って来た信繁は、真田家のお世話係になっていた、高梨内記の娘のきり(長澤まさみさん)から、松さんがいなくなったことについて、人質の駒が減って真田家も大変ね、と軽く言われた後、地侍の堀田作兵衛(藤本隆宏さん)の妹の梅(黒木華さん)に会いに行き、梅さんからは、真田に何かあった時には私を守ってくださいと言われ、姉を亡くした悲しみや救出作戦に失敗した傷を癒していたのですが、そのようにきりさんと梅さんの性格の違いが描かれていたのも良かったです。

室賀さんに意見を言おうとする昌幸さんが毎回室賀さんから、黙れ小童(こわっぱ)!と怒られるのも面白いと思いますし、人質となった娘の松のことを心配していた母親の薫(高畑淳子さん)が次にまた自分が人質になるかもしれないことを心配していたところも、薫さんのお姫さま育ちの感じが出ているように思えて面白く思いました。

海に飛び込んだ松さんは、死亡したのではなく、どこかの猟師に助けられていたようでした。記憶喪失になっているということなのかどうかは分からないのですが、猟師に訊かれても何も答えないでいるようでした。

真田昌幸とその息子の信幸と信繁の個性がしっかりと描かれているので、時代劇というだけではなく歴史ドラマとしても見ていて楽しいですし、会話や所作のところどころが現代劇風であるのも、三谷幸喜さん作のこの大河ドラマには合っていて、良いように思います。

「真田丸紀行」は、沼田城址でした。先日の「ブラタモリ」も、「大河ドラマ『真田丸』スペシャル」ということで、真田信幸(信之)が町作りを行ったという群馬県の沼田の城下町の特集でした。巨大な河岸段丘である沼田の地は、お城を築き、城下町を作るのには、最適な場所だったのだそうです。「真田丸紀行」で紹介されていた沼田城址(沼田公園)にある平八郎石という石は、真田昌幸の命で討ち取られた沼田氏の、沼田平八郎景義の首を載せた石なのだそうです。沼田城は、もともとは沼田氏の築いたお城だったようでした。

次回の「真田丸」の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム