「家族ノカタチ」第5話

TBSの「日曜劇場」の「家族ノカタチ」の第5話を見ました。

第5話は、永里陽三(西田敏行さん)の勧めで結婚式を挙げることになった入江春人(千葉雄大さん)とその妻の茜(川口春奈さん)の結婚式の準備を、先輩の永里大介(香取慎吾さん)とその上の階の部屋で暮らしている熊谷葉菜子(上野樹里さん)が手伝い、入江さんの再婚した母親の静子(朝加真由美さん)を結婚式に呼ぶかどうかでケンカ別れをしそうになった二人を説得し、無事に結婚式の披露宴を成功させる、という話でした。

脚本は後藤法子さん、演出は平野俊一さんでした。

入江さんと茜さんがケンカをしていた前半は、マンションの下の階の大介さんの部屋と上の階の葉菜子さんの部屋で繰り広げられるシチュエーションコメディー風でしたし、後半は、大介さんと葉菜子さんが入江夫妻の壊した引き出物の犬の形のキャンドル?を深夜の文房具会社の中で直したり、結婚式にやって来た母親と息子の入江さんが和解したりと、何というか、普通のドラマになってきていたような気がします。

それが悪いということでは決してないのですが、結局、結婚をしようとしない男女に結婚を勧めようとするドラマなのかなとも思いました。

主人公の大介さんは、入江さんの結婚式の後、葉菜子さんから、高瀬和弥(田中圭さん)と離婚したのは「卵管を切除したから」だとあっさりと打ち明けられて、俺はそこまでドライではないと動揺していたのですが、その場面で、大介さんが心の中で「ハナコ、ハナコ」と繰り返し呼び捨てにしているのを聞いて、そういえばどうして大介さんは、それほど親しくない(と自身では思っている)葉菜子さんのことを呼び捨てにするのだろうと、少し気になってしまいました。葉菜子さんが「クレーマーハナコ」だったからなのでしょうか。

この種のドラマ(自立した社会人の独身の男女が登場する恋愛ドラマ?)としては仕方のない展開なのかもしれないのですが、すぐに距離感を縮める風になるのは、私にはいつも、少し不自然であるように思えます。

今期のドラマで言うなら、例えば、同じフジテレビのドラマ「フラジャイル」もそうなのですが、他人に興味がなそうに振舞っている主人公が実は人情深く面倒見の良い人物であるという設定は、悪くはないのですが、何か少し惜しい感じになってしまうような気がします。人情深い部分は陽三さんに任せておけば良いのではないかなとも思えたのですが、それがこのドラマの陽三さんと大介さん“親子”ということなのかもしれないなとも思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム