「スペシャリスト」第7話

テレビ朝日のドラマ「スペシャリスト」の第7話を見ました。

「総合事犯対応係(仮称)」の刑事の宅間善人(草なぎ剛さん、なぎの文字は弓偏に剪です)と我妻真里亜(夏菜さん)と野方希望(和田正人さん)は、「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」という怪文書のことを調査するため、玄豊会病院へ向かったのですが、その頃、松原唯子(芦名星さん)と堀川耕平(平岡祐太さん)は、梶村隼男(黒岩司さん)という人物が撲殺された事件を調べていました。宅間さんは、7通の怪文書と梶村さんの事件がつながっていると推理していたのですが、その後、梶村さんが玄豊会病院が取り入れた最新のセキュリティシステムの開発者だったということが判明しました。

病院の事務長の山本茂文(袴田吉彦さん)や外科部長の高沢憲一(池田政典さん)から話を聞き、ボランティアの案内係の女性の馬場さん(小柳友貴美さん)から「玄豊会病院の七不思議」の噂を聞いた宅間さんは、怪文書の6通がその七不思議の噂と一致していることを知ると、看護師の鳥塚蕗子(逢沢りなさん)の案内で、病院内の七不思議を検証していくことにし、七不思議が各科で起きている実際の犯罪を表していたことを証明するのでした。

七不思議の怪文書は、鳥塚さんが告発しようとして送ったものだったのですが、7つ目の「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」は、鳥塚さんが送ったものではなく、七不思議の「カルテのない患者がいる」とは異なっていました。

しかし、病院のVIP病室には、ある有名な企業の大城会長(清水章吾さん)が密かに入院をしていました。大城会長は、病気で入院していることが外に漏れないよう事務長や外科部長に念を押していたのですが、姉小路千波(南果歩さん)が調べていた病院の防犯カメラの映像には、廊下を車椅子を押されて移動する大城会長の姿がはっきりと映し出されていました。

ウイルスが撒かれるのではないかと騒ぎになった病院では、病院を出ようとした患者さんたちが急に自動的に(コンピューターウイルスで?)閉まったシャッターの前で立ち往生をしていました。手術が始まるところだった大城会長を止めた宅間さんは、大城会長を狙うために梶村さんを殺したと思われる湊という人物が、病院の清掃員として紛れ込んでいることに気付き、大城会長を刺殺しようとした湊さんを制止し、湊さんとは別にいた真犯人の元へ急ぎました。

脚本は徳永友一さん、監督は細川光信さんでした。

事件が凝っているというか、よく練られているなと驚きました。「スペシャリスト」のドラマでは毎回事件は二転三転するのですが、今回もそうでした。物語として見るには少し複雑なのですが、すごいなと思います。

山本事務長の趣味が株であるというところに、私は全く気付かなかったのですが、宅間さんの解説によると、山本さんの会話の中に株用語が使われてるという“複線”があったようでした。

私は株取引のことをよく知らないのですが、山本事務長は、怪文書が病院に送りつけられたという事件をきっかけに大城会長の会社の株の「空売り」をして儲けることを思いつき、大城さんへの復讐を考えていた湊さんを利用してセキュリティシステムを変えて、大城会長の醜聞を広めることにしたようでした。

今回の最後、宅間さんは、ロッカーの中に作ってあった「相関図」を見て、「我々」の問題と向き合っていました。これまでの犯罪の記憶と、謎の「我々」の存在とをつなげることができたようでした。

次回予告の画面に「最終章」と書かれていました(「最終章」は「最終回」ではありません)。次回から、謎の「我々」のことが描かれるようになるのかもしれません。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム