「真田丸」第8回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第8回「調略」を見ました。

真田安房守昌幸(草刈正雄さん)からの命で上杉方についている信濃の海津城の元武田の家臣の春日信達(前川泰之さん)を調略するため、昌幸の弟の真田信尹(栗原英雄さん)と共に上杉景勝(遠藤憲一さん)に会いに行った真田源次郎信繁(堺雅人さん)は、信尹の三男だと偽って挨拶し、怪しみつつも何も言わない直江兼続(村上新悟さん)に警戒しながら、信達の説得を始めることになりました。信尹は、春日信達が父親の高坂弾正の城だった海津城が上杉家に取られていることを不満に思っていることに着目し、真田は北条に寝返るということを打ち明け、信達も北条につくようにと促し、景勝に恩義を感じていると言う信達に、北条方が勝ったら北条は海津城が信達のものであると保障するということを切り出して動揺させていました。

一方、真田の郷の昌幸は、信繁からの調略成功の知らせを待っていたのですが、なかなか来ないので、そのまま北条氏直(細田善彦さん)の陣に出向くことにしました。武田信玄の孫でもある氏直は、信濃の国衆としては最後に現れた真田昌幸に激怒して追い返そうとしていたのですが、その父親の北条氏政(高嶋政伸さん)は、昌幸を有り難そうに迎え入れ、春日信達を調略したという報告にも、戦は楽に終わるに越したことはないと感謝を示し、信達に海津城を保障する書状を書くことも約束して、その場を引き上げていました。

そうして昌幸は、国衆の室賀正武(西村雅彦さん)や出浦昌相(寺島進さん)たちと同じように北条の家臣となり、岩櫃城を守る長男の真田源三郎信幸(大泉洋さん)のもとには、そのことを知らせる手紙が届きました。海津城では、昌幸の息子であることを春日信達に明かした信繁が、元武田の家臣という立場で信達の説得を続けていました。信達は、景勝を裏切るつもりはないと言い続けていたのですが、信尹の元に届いた、海津城を保障するという北条からの書状を渡されると、上杉を裏切るほうへ心を動かしていきました。

しかし、それは罠でした。信繁に俺のようにはなるなと伝えた信尹は、サルスベリ(百日紅)の咲く庭で書状を見ている信達を刺し殺し、信達のほうが先に刀を抜いたように偽装すると、上杉景勝と直江兼続に春日信達の裏切りを伝えました。“裏切り者”となった信達の遺体は、景勝の命により、見せしめとして磔にさせることになりました。兼続が真田家の裏切りに気付いているかもしれないことを察した信尹は、信繁を急いで真田の郷に帰すことにしました。

真田の加わった北条軍は、磔にした春日信達の遺体を晒す上杉軍と川中島で対峙することとなりました。農民のふりをした佐助(藤井隆さん)は、上杉軍の数の多さを氏直に訴えていました。北条と戦う作戦で昌幸と対立した氏直は、上杉とは戦をせず甲斐の躑躅ヶ崎の館に入っている徳川家康(内野聖陽さん)と戦うことを決断をして信濃から兵を引き上げ、昌幸に殿(しんがり)を任せることにしました。上杉景勝の軍も、家臣の謀反を収めるために川中島から引き上げて行きました。

川中島の殿を任された昌幸は、信濃での戦を収めていました。矢沢三十郎頼幸(迫田孝也さん)と共に真田の郷へ戻った信繁は、兄と父と再会し、全てが父・昌幸の策略であったことを理解しました。昌幸の策略の目的は、信濃の地の平穏を守ることでした。昌幸は、上杉軍からも北条軍からも徳川軍からも、信濃を守ったのでした。昌幸は、信幸と信繁に、国衆だけで信濃を治めたいという考えを明かしていました。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は田中正さんでした。

第8回も、とても面白かったです。

最後の、真田昌幸が徳川家康のことを忘れていた?という件も面白かったですし、北条が来るかもしれないと心配していたり、北条が上杉と戦おうとしているという報告を本多正信(近藤正臣さん)から受けてほっとしていたりした家康が、結局上杉との戦を辞めた北条と戦うことになって慌てて鎧を着ける、という展開が、三谷幸喜さんの脚本らしい感じがしました。全て昌幸の策略なのではと家康が考えていたのも良かったです。

武田信玄の家臣だったことを誇りに思っている昌幸の二人の息子が、戦国時代を生き抜いてきた父・昌幸の恐ろしさやすごさを思い知るまでの出来事が、春日信達の調略や、上杉や北条との駆け引きの中で、勢い良く描かれていたように思います。

今回の大河ドラマでは、上杉景勝は誠実な人物に描かれ、直江兼続は賢い人物に描かれているのですが、徳川家康は少し情けない感じがコミカルに描かれていて、北条氏政は不敵な人物として描かれています。それはそれで良いと思うのですが、氏政の息子の北条氏直が「バカ息子」?に描かれているのは、ドラマとしては楽しいとは思うのですが、どうなのかなと、少し思いました。氏直がもう少し賢そうだったほうが、このドラマとしては、バランスが良かったのではないかなと思います。

でも、とにかく、真田家、上杉家、北条家、そして徳川家の政治的な駆け引きが二転三転する感じで描かれていたのが面白かったですし、沼田城に人質となっていた自分を信繁が助けに来た時のことを梅(黒木華さん)に自慢するきり(長澤まさみさん)や、薪割りをしながらきりさんの話を大人しく聞きつつ、きりさんの帰った直後に斧を切り株に叩きつける梅さんの場面も、明るい雰囲気があって楽しく思えました。

「大河ドラマ」の時代劇は、あくまでもドラマですし、どこまでが史実で、どこまでが三谷さんの脚色なのかというところは、歴史に疎い私にははっきりとは分からないのですが、それでも、少なくとも今のところはとても面白く見ることができているので、次回の「真田丸」も楽しみにしていようと思います。

ところで、海津城は今の松代城ということなのですが、その庭には、実際にサルスベリの木があるのでしょうか。ドラマの、春日信達と真田信繁がサルスベリの木を懐かしそうに見上げる場面が良かったのですが、今も咲いているのかなと、少し気になりました。サルスベリの濃いピンク色の花の鮮やかさは、曇りや雨の日に見てもきれいなのですが、特に晴れた日に見上げると、青空に映えて本当にきれいだなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム