「家族ノカタチ」第7話

TBSの「日曜劇場」の「家族ノカタチ」の第7話を見ました。

第7話は、義弟の浩太(高田彪我さん、高の文字ははしご高です)の行方を心配する永里大介(香取慎吾さん)が、父親の陽三(西田敏行さん)と浩太の母親の恵(水野美紀さん)との再婚の経緯を父親から聞き、詐欺ではなく実際に看護師の資格の取得を目指して努力をしようとしていた恵さんを、父親や浩太さんと一緒に応援することにする、という話でした。

陽三さんは、病気であることを大介さんに打ち明け、自分が死ぬ前に、親族から見捨てられている恵さんと浩太さん親子を助けたいのだと話していました。陽三さんから、木の新しい芽と落ち葉の喩えで、無駄なものなど何もないと教えられた浩太さんは、転校するかもしれないからと友達を作らないようにしていたのをやめて、同じクラスの子と普通に話すようになっていました。

大介さんの部屋の上の階の熊谷葉菜子(上野樹里さん)は、仕入れた珈琲豆が間違っていたという件を確かめるために、すぐにインドネシアへ出かけることになり、帰国が会議に間に合わなかった時には自分の代わりに「プレゼン」をしてほしいと、部下の田中莉奈(水原希子さん)に頼んでいました。莉奈さんは、葉菜子さんと大介さんに大丈夫だと背中を押されて、プレゼンを無事に成功させたようでした。

帰国した葉菜子さんは、会議を終えて空港に迎えに来ていた元夫の高瀬和弥(田中圭さん)の車に乗ったのですが、高熱を出し、そのまま入院することになったのですが、そこで改めて、優しい和弥さんとの関係性が少し修復されたのを感じたようでした。でも、娘が和弥さんと再婚しないことを心配する母親の律子(風吹ジュンさん)には、和弥さんとの離婚の理由をまだ話すことができずにいました。

脚本は後藤法子さん、演出は松田礼人さんでした。

大介さんを中心とした永里家の物語と、葉菜子さんを中心とした上の階の熊谷家の物語が、家族ぐるみで付き合う同じマンションの下の階と上の階のご近所さん同士の物語として重なりながらも、同時並行的に描かれているので、それが悪いということでは決してないのですが、ドラマが少し散漫としてしまうようにも思えます。

今回は、陽三さんが病気であることがはっきりと分かる回でもあったのですが、陽三さんを演じる西田敏行さんが、私にはこれまでよりも少し痩せているように見えて、少し心配になりました。

恵さんの問題も、浩太さんの問題も今回で落ち着いたのだと思いますし、陽三さんが病気ということなら、陽三さんの病気が治る展開になっていてほしいなと思いました。

ところで、これはドラマのこととは関係のないことなのですが、お昼の頃の報道で、天皇陛下が高熱を出されて、インフルエンザと診断されたということを知って驚きました。早くご快復なさるといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム