「フラジャイル」第8話

フジテレビのドラマ「フラジャイル」の第8話を見ました。

壮望会第一総合病院の病理診断科の病理医の岸京一郎(長瀬智也さん)と宮崎智尋(武井咲さん)と中熊薫(北大路欣也さん)が「病理の学校」という病理医を志す医学生たちを集めた温泉宿での合宿に参加をしていた頃、病理診断科では、検査技師の森井久志(野村周平さん)が、女性外科の医師(渋谷謙人さん)から依頼された、細木まどか(小雪さん)の担当患者の目黒さんと、柳原亮子(森口瑶子さん)の担当患者の南雲さんの検体など合計5つの検体の作業を始めていたのですが、その森井さんの作業中の病理診断科へ、製薬会社の火箱直美(松井玲奈さん)が勝手に入ってきました。

火箱さんは、岸さんの椅子を動かして座ったり、部外者が入ってはいけないと慌てる森井さんに話しかけて動揺させたりして、帰って行ったのですが、翌日、病理診断科に戻り、「浸潤性乳管癌」と診断されてその縮小手術中の南雲さんの検体を調べ始めた岸さんは、その検体に全く癌が見られないことに驚き、南雲さんの手術を始めてしまった柳原さんに激怒されていました。

柳原さんは、森井さんが検体を取り違えたのではないかと疑っていました。岸さんは、部外者が入ってきたということを認めない森井さんを見て黙っていたのですが、原因がはっきりと分からないうちにも、「医療ミス」の噂は病院中に広がっていて、カンファレンス中の医師たちは、「医療ミス」をした病理診断科の岸さんの意見を聞かなくなっていました。

自分を疑っているのかと怒る森井さんに、岸さんは、病理診断科で起きたことは自分に責任があると言って、女性外科の柳原さんに、頭を下げて謝罪し、確定するための検体をもう一度採取してほしいと頼んでいました。(ドラマによると、検体を採取するということは、患者さんにとって、強い痛みを伴うことであるようでした。)

その夜、細木さんは居酒屋であることに気付き、翌日、宮崎さんたちはごみ箱を調べて、検体の容器を見つけ出し、森井さんが検体を取り違えたのではなく、女性外科の医師が名前を記したラベルの貼り間違いをしていたということを、岡崎副院長(中丸新将さん)に呼び出されて怒られていた岸さんに報告しました。

事実を知った岸さんは、部下の若手医師のミスについて、人間だからミスをするのは仕方がないと庇う柳原さんに、ミスで人を殺すこともあるのに人を殺すのが仕方がないなんて有り得ない、僕たち病理は100%の診断を出す、と断言していました。

副院長たちは医療ミスを公式に謝罪し、最初何もないと診断されていた目黒さんは、浸潤性乳管癌であることを細木さんに伝えられて、泣いていました。

その後、岸さんは、疑われていたことを不快に思っていた森井さんに、検体を100%確認したと言い切れるのか、君を疑わせていたのは君自身ではないのかと話していたのですが、君がうちにいる限り僕の言葉は絶対だ、という岸さんの言葉を黙って聞いていた森井さんは、検査技師を辞めて医者になると、岸さんに告げていました。

脚本は橋部敦子さん、演出は石川淳一さんでした。

岡崎副院長が経費削減のために病理診断科を削ろうとしているという件は、前回の物語ともつながっていました。

今回は、「病理の学校」で岸さんと出会った医学生の出羽カナ(恒松祐里さん)が、研修生として病理診断科にやって来て、憧れの岸さんに「オムソバ」を食べてもらうことに成功するものの、100%の診断を出すという厳しい岸さんの方針についていくことができないと思い、「病理と結婚している」ような岸さんのもとを去っていく、という軽妙な恋愛ドラマ?の部分もありました。

出羽さんが岸さんと付き合いたいという気持ちだけで病理診断科に来ていたというのには少し驚いたのですが、そのようなところも楽しく思えましたし、臨床検査技師を辞めたいということを森井さんが岸さんに話していた最後まで、「フラジャイル」らしい展開のドラマになっていたように思いました。

予告によると、次回は、火箱さんの製薬会社の薬を使った「治験」のことが描かれるようでした。すごく面白いというのとは少し異なるのですが、丁寧に作られている良い医療ドラマだと思いますし、次回も見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム