「スペシャリスト」第8話

テレビ朝日のドラマ「スペシャリスト」の第8話を見ました。

「総合事犯対応係(仮称)」の刑事の宅間善人(草なぎ剛さん、なぎの文字は弓偏に剪です)は、同窓会に参加するために東京へ出て来た、京都で息子と暮らしている元妻の室町美也子(紺野まひるさん)と久しぶりに再会し、15年前に宅間さんが編集した京都府警の広報誌と、なぜか大学時代の文集?を渡されました。

その後、宅間さんは、捜査一課の刑事の野方希望(和田正人さん)から宅間さん好みの事件だと勧められた、3件の射殺現場に矢印のような模様の描かれたタイル状のものが落ちていた事件の捜査に関わることになりました。

3種類の模様を見た宅間さんは、刺殺された4件目の遺体のそばに落ちていた模様が自分の予想通りのものであったことを知ったのですが、その模様はチェスの駒の進行方向を示した図でした。サイバー犯罪対策室の協力を得て、ある裏サイトを見つけた宅間さんは、そのサイトが殺人の参加者を募集する「殺人リクエストサイト」なのではないかと考え、それを作った人物は、冤罪で入った刑務所時代に出会った元刑事の犯罪脚本家・佐神稚洋(上川隆也さん)に違いないと思うようになっていました。

占い師になっていた?銭家円蔵(田中要次さん)から佐神さんが出所したという情報を教えてもらった宅間さんは、サイトを確認し、チェスの駒に置き換えられていた対象者たちが、かつて殺人容疑をかけられながら証拠不十分で不起訴になっていた人たちであり、参加者はその人たちの情報を得ることができるようになっていることを知りました。

5件目は撲殺事件だったのですが、被害者のそばには4件目の被害者の血の付いたナイフが落ちていました。宅間さんは、殺人がトーナメント式のゲームのようになっていることに気付き、ターゲットの全8人のうちの最後に残った人物の、安西桂子(井上和香さん)を捜しに向かいました。

脚本は戸田山雅司さん、監督は及川拓郎さんでした。

最後、逮捕された安西さんは、自分がトーナメントを勝ち抜いたことを知って喜んでいたのですが、勝ち抜いた人が殺す権利?を持つ、サイトに新しく現れた「キング」の名前は、宅間さんでした。しかし、宅間さんがそれを見ているうちにも、駒は「クイーン」に変わって、宅間さんの元妻の美也子さんの名前が現れました。安西さんによると、それは「我々」の発案者だということでした。

宅間さんや姉小路千波(南果歩さん)たちは、急いで美也子さんの宿泊先へ向かったのですが、美也子さんは、ホテルの従業員らしき人が持ってきた食事の中に入っていたらしい毒を飲んで倒れてしまった後でした。

第8話の物語はそこで終わり、次回へ続く、ということになっていました。元妻が狙われていることに気付いた宅間さんの焦りが無音のような状態で表現されていたところも、良かったように思います。

事件が凝っているので、ドラマを見ている一視聴者の私がそのような事件の描かれる物語を追っていくのは少し大変というか、少し疲れたような気持ちになってしまう部分もあるのですが、スピード感のある展開になっていますし、今回は「最終章」の最初の話として、以前の2時間ドラマの時の物語にもつながっていました。「犯罪者」の側に引き込まれそうになる宅間さんを姉小路さんが心配する場面もありました。

宅間さんが追っている「我々」は、今回もまだ謎のままだったのですが、次回には描かれているのかもしれません。全何話のドラマなのか分からないのですが、見ていこうと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム