「真田丸」第9回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第9回「駆引」を見ました。

北条氏直(細田善彦さん)が甲斐の徳川家康(内野聖陽さん)を追い詰めようとしていた頃、上杉景勝(遠藤憲一さん)の家臣となっていた元武田家臣の春日信達(前川泰之さん)を調略して暗殺することで、信濃の地を戦乱から守った真田安房守昌幸(草刈正雄さん)は、信濃と上野の地を自分たち国衆だけで治めたいと考え、国衆の一人の出浦昌相(寺島進さん)に相談し、国衆たちが集まった席で、信濃を自分たちで守りたいという意見に賛同した室賀正武(西村雅彦さん)の協力の約束も得ることができました。

叔父の真田信尹(栗原英雄さん)の海津城での春日信達の調略の件で心を痛めていた真田源次郎信繁(堺雅人さん)は、お饅頭を持ってきた、高梨内記(中原丈雄さん)の娘のきり(長澤まさみさん)を避けて、武田が滅びて地元の治安が悪くなったと困っていた友人の地侍の堀田作兵衛(藤本隆宏さん)の妹の梅(黒木華さん)に会いに行き、信繁の父の昌幸の春日信達の調略という策について、信濃で戦が行われずに済んだと理解を示した梅さんからの、できる限り命が損なわれない戦をしてほしいとの提案にはっとしていました。

武田信玄公の他に信濃を治められる者はいないと思案していた昌幸は、徳川家康からの書状を受け取り、徳川を利用することを思いつきました。昌幸に信濃のリーダーになってもらいたいと考えていた出浦昌相は、昌幸の考えをすぐに理解して、昌幸の家臣となることにしました。

北条を裏切って徳川につくと決めた昌幸は、上杉景勝の元を脱出して真田の郷に戻って来た弟の信尹を新府城の徳川家康のところへ送り、家康と面会した信尹は、真田が徳川の味方になる条件として、信濃の諏訪や上野の沼田の地を真田のものと約束させました。

真田の郷での昌幸や真田源三郎信幸(大泉洋さん)や出浦さんや室賀さんたちとの作戦会議の中、味方の兵の命を失わずに済む方法を考えていた信繁は、碓氷峠を通る北条軍の兵糧を断つために、内山城や小諸城の辺りで戦うことを提案し、その策は良い策として採用されることになりました。

そうして、徳川の味方として戦った真田昌幸は、徳川が北条に勝ったことを喜んでいたのですが、その僅か10日後、徳川と北条が和睦したという突然の知らせに、再び危機を迎えていました。

作(脚本)は三谷幸喜さんです。演出は小林大児さんでした。

今回も、徳川と北条と真田や信濃の国衆との駆け引きがテンポ良く描かれていて、とても面白かったです。

一難去ってまた一難、の二転三転の感じが数日の間に起きているので、戦国時代を生き抜くのは本当に大変だったのだろうなと改めて思いました。

真面目な雰囲気で展開されていたところに突然入ってきた、長男の真田信幸の妻のこう(長野里美さん)の、お茶碗を重くて持てないとか、お櫃の中の少し固まっているご飯を取る力が出ないとかの、病弱過ぎる描写も、何だかとても面白かったです。

きりさんが信繁のことを怒って投げたお饅頭が部屋の角で潰れていたのも、信幸への室賀さんの久しぶりの「黙れ、小童(こわっぱ)!」も、徳川の人質になることを断固として拒む薫(高畑淳子さん)と昌幸さんの場面も、面白く思えました。

できるだけ味方の命を失わせないようにするという梅さんの考えに感動して信繁に、きりさんが、そんなの当たり前じゃないの、と言っていたのも、良かったです。ドラマでは、信繁が梅さんの意見に感動していましたが、おそらく、どこの国の軍も、味方の兵をできる限り失わないようにする策を考えていたのではないかなと思います。

あと、ドラマの冒頭で北条氏政(高嶋政伸さん)が空に放った鷹が時代の流れを見ていたというような演出も、俯瞰的な感じが出ているように思えて、良かったです。

次回も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム