「フラジャイル」最終回

フジテレビのドラマ「フラジャイル」の最終回(第10話)を見ました。

「フラジャイル」の最終回の放送開始時間がテレビ朝日の「相棒season14」の最終回の最後のほうと重なってしまっていたため、このドラマの最初のほうは録画をしておいたものを後で見たのですが、それ以降の大部分はそのままの放送時間に見ることができました。

最終回は、前回の第9話の続きでした。壮望会第一総合病院の病理診断科の病理医の岸京一郎(長瀬智也さん)は、膵臓癌で入院することになった、宮崎智尋(武井咲さん)の幼馴染みの松田幸司(小出恵介さん)が自ら探し出して治験を行うことを決めたアミノ製薬の“万能抗癌剤”「AM105」という未認可の新薬の資料を見て、副作用で亡くなった患者の症例報告書が改ざんされていることに気づきました。

膵臓癌は治るものの膵炎を発病して亡くなるという副作用があることを知ったアミノ製薬の火箱直美(松井玲奈さん)は、「AM105」を守るためにも治験を待ってほしいと幸司さんに頼んだのですが、時間のない幸司さんは副作用があるとしても試したいと、治験を続けることにしました。

幸司さんの担当医の稲垣大道(平山裕介さん)は、呼吸困難になる恐れもあると心配し、幸司さんの死亡率は7日で2割だと推測していました。副作用で亡くなった患者の細胞組織は、遺族が剖検を拒否したために残されていませんでした。岸さんたちが幸司さんの治療法を考えていると、そこへ、アミノ製薬の火箱さんの上司の間瀬辰人(高島政宏さん、高の文字ははしご高です)が病理診断科にやって来ました。

岸さんと対面した間瀬部長は、患者が死亡したら剖検を行って膵臓組織のブロックを採取してアミノ製薬に渡してほしいと頼み、それについて岸さんは了承したのですが、副作用で亡くなった場合の書類の改ざんの依頼については拒否しました。すると、間瀬部長は、データを消すために幸司さんの治験を中止すると伝えて病院を後にしました。そしてその後、末期癌だった幸司さんは亡くなり、宮崎さんが私がやりますと申し出て、幸司さんの剖検を行いました。

後日、癌治療の症例検討会の講演が行われることになり、岸さんと宮崎さんが会場へ向かいました。そこには中熊薫(北大路欣也さん)も来ていて、間瀬部長と話していたのですが、病理診断科の検査技師だった森井久志(野村周平さん)も来ていて、女性外科の医師の細木まどか(小雪さん)と並んで座っていました。

講演の途中、壇上に上がって症例の報告を始めた岸さんは、アミノ製薬の「AM105」には腫瘍が消えて行く代わりに死亡するほどの副作用があるということを話し、アミノ製薬の副作用の隠蔽は犯罪的だと会場の出席者たちに向かって発表しました。アミノ製薬の間瀬部長は慌てていたのですが、諦めたようでもあり、岸さんの講演に拍手を送っていました。高校生の頃に癌で亡くなった兄のようにも思えていた幸司さんを喪った火箱さんは、アミノ製薬を辞めますと席を立つ間瀬部長に伝えていました。

会場の玄関先では、森井さんが岸さんたちを待っていました。森井さんが岸さんに、医者になりたいのではなく人の命を守りたかった、100%の仕事をしたいのだと言って言葉を続けようとすると、岸さんは森井さんの言葉を遮るように、戻ってきてくれるかな、と森井さんに伝えていました。

桜の花が咲いていて、その後、壮望会第一総合病院の病理診断科には優秀な検査技師の森井さんが戻っていました。宮崎さんと共に忙しそうに顕微鏡を覗いていた岸さんは、医師からの電話に出ると、いろいろ指示を出して、君が医者でいる限り僕の言葉は絶対だ、と電話口で告げていました。

脚本は橋部敦子さん、演出は石川淳一さんでした。

女性外科の細木さんも含めた?岸さんたちの病理診断科が一つのチームとしてまとまったような最終回で、春らしい演出もあり、それなりにすっきりとした気持ちで見終えることができました。良かったです。

第1話から第10話まで、主に一話完結の物語になっていたのですが、物語全体に筋が通っていて、患者の治療に向けた正確な病理診断に全力を傾ける誠実な病理医の岸さんを主人公としつつ、新人病理医の宮崎さんや検査技師の森井さんや女性外科の細木さんの成長物語のようにもなっていましたし、真面目に作られた、良い医療ドラマだったように思います。

毎回の物語がすごく面白かったというのとは少し異なるかもしれないのですが、最後まで楽しく見ることができて良かったです。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム