「真田丸」第13回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第13回「決戦」を見ました。

第13回は、押し寄せてくる徳川の大軍を真田軍が上田城で迎え討つ、天正13年の8月2日の第一次上田合戦の一日の物語でした。

真田源次郎信繁(堺雅人さん)は、越後の直江兼続(村上新悟さん)から約束通りに用意されていた100人ほどの援軍を託されたのですが、信濃の海津城に集まって待っていたのはお年寄りと子供ばかりでした。ここまで徳川軍は来ないだろうと考えた信繁は、矢沢三十郎頼幸(迫田孝也さん)と共に上田城へ急ぎ、真田の約2000の兵で徳川の約7000の兵を倒す計画を立てていた真田安房守昌幸(草刈正雄さん)と合流しました。帰ってきた信繁を見た昌幸は、徳川の大軍を討つ駒が揃ったと喜び、信繁には徳川の兵を上田城に少しずつ引き入れる策を命じていました。叔父の矢沢頼綱(綾田俊樹さん)には、北条から沼田城を守るよう指示していました。

城下町でも敵を迎え討つ準備が進められていました。地侍の堀田作兵衛(藤本隆宏さん)も図面通りに柵を作っていたのですが、妹の梅(黒木華さん)も、本丸で待機する薫(高畑淳子さん)やきり(長澤まさみさん)に子供を預かってもらいながら準備を手伝い、自分でも子供の世話をするために、城下町や基地にしている山奥の寺や本丸を行ったり来たりしていました。

信繁が越後から戻って来たということを聞いた梅さんは、信繁に会いにお城へ向かったのですが、信繁とはすれ違いになってしまって直接会うことができず、夫の信繁に渡す「六文銭」のお守りをきりさんに託していました。信繁は、きりさんから手渡された六文銭のお守りを持って戦場へ向かいました。

信繁は、六文銭の旗を振り「高砂や」を大声で歌いながら、川の向こうに陣取っていた徳川の家臣の鳥居元忠の兵をからかい、その兵士たちを上田城の二の丸のほうへ少しずつ引き寄せていきました。仕掛けの中で待っていた真田軍は、徳川の兵たちを様々な方向から攻撃し、たくさんいた徳川の兵は、石や水や矢や槍や銃や落とし穴で、少しずつその数を減らしていきました。

山寺で兄たちと敵を討つ機会を伺っていた梅さんは、その直前に子供のもとへ向かっていたため、閉じられた門から外へ出ることができなくなっていたのですが、その門の表に徳川の兵を誘き寄せていた信繁たちがやって来ました。門が開くと、梅さんと信繁は顔を見合わせることができ、梅さんは忍びの佐助(藤井隆さん)と共に本丸へ戻りました。

そして、信繁たちに本丸の前まで引き寄せられていた徳川軍は、最後に現れた真田昌幸の軍に追い立てられ、来た道を慌てて戻り始めたのですが、仕掛けに引っかかって上手く出ることができず、囲まれて討たれてしまいました。逃走した徳川の兵は、戸石城(砥石城)で待機していた嫡男の真田源三郎信幸(大泉洋さん)に追われたり、神川の上流で水を堰き止めていた出浦昌相(寺島進さん)の鉄砲水に流されたりして約1300の兵を失い、信濃から撤退していきました。

勝どきを上げた真田側の戦死者は約50人だったそうです。昌幸は、徳川家康はまだ諦めないだろうと考えていました。合戦が終わった夕方、信繁は、山寺への道を塞いでいた柵が壊されているのを見て、徳川軍がそちらのほうへ逃げたかもしれないと気づき、慌ててお寺へ向かったのですが、そこには真田の兵たちが倒れていました。怪我をしていた堀田作兵衛は、梅は本丸にいると信繁から聞いてほっとしていたのですが、そこへ信繁と梅さんの子供を抱えたきりさんが来て、梅ちゃんは戦を見て心配して本丸を出て行ったのだと二人に話しました。信繁と兄の作兵衛は梅さんを周辺を捜し、斬られて倒れていた梅さんの遺体を発見したのでした。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は木村隆文さんでした。

第一次上田合戦が描かれていた今回の前半は計画と準備で、後半は合戦の本番でした。後の「真田丸」につながる物語だったのだと思います。

昌幸の弟の信尹(栗原英雄さん)は、浜松城の家康のところにいたのですが、捕まっていたのでしょうか。

徳川軍が信繁たちに引き付けられ、障害物競走やお化け屋敷のような仕掛けに次々とかかっていくというのは、本当にこのようになるのだろうかと、現代からすると少し不思議にも思えるのですが、実際にその作戦で真田は第一次上田合戦に勝利しているので、上田城には巧妙な仕掛けが組まれていたのだろうなと思います。

生まれたばかりの赤ちゃんのお世話と戦の準備で本丸と城下を往復する、黒木華さんの演じる梅さんの女性らしさというか、母親らしさというか、そのような部分が合戦に向かう物語の展開にメリハリをつけていたように思いました。

ただ、私は、梅さんが第13話で亡くなってしまうということを全く思っていなかったので、梅さんが死んでしまう展開は、意外というか、少しショックでした。

前回の最後のところで、次回が「青春編」の終わりだという風に言われていたのですが、“青春編”は梅さんの死で終わったのかと、少し悲しい気持ちにもなりました。(「風林火山」の時の、貫地谷しほりさんの演じていたミツが早めに亡くなってしまったということも、少し思い出しました。)

それでも、第13回の物語も面白かったです。次回からは、「大坂編」になるそうです。豊臣秀吉(小日向文世さん)など、新しい人物たちが登場するようでした。どのような物語になるのかはまだ放送されていないので分からないのですが、少なくとも13回は楽しく見ることができたのですし、次回からの「大坂編」の「真田丸」も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム