「ねこねこ日本史」第1話

昨日のNHKのEテレで「ねこねこ日本史」という約10分ほどの新アニメが放送されていました。

テレビの番組表の夕方の頃のEテレの欄に新番組として「ねこねこ」と書かれているのを見て、私は高田エミさんの漫画『ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア)』(昔の『りぼん』に連載されていた、今でもとても好きな漫画作品です)なのかと気になったのですが、そのEテレの「ねこねこ」は、『ねこねこ幻想曲』ではありませんでした。「ねこねこ日本史」というアニメ番組でした。

アニメの原作は、私は未読なのですが、そにしけんじさんの漫画『ねこねこ日本史』だそうです。2014年の作品だそうです。

一応録画をしておくことにしたため、私も後で見てみることができました。昨夕の第1話は「女王、卑弥呼!」でした。

日本の歴史上の偉人を猫に置き換える作品のようで、絵が意外と荒い感じの“ゆるい”日本史アニメでした。

猫じゃらしとか、紙袋とか、爪研ぎとか、猫らしい?要素が散りばめられていて、何となくかわいい日本史猫アニメであるような気がしました。

ナレーションは山寺宏一さん、主人公の邪馬台国の猫卑弥呼の声を演じていたのは小林ゆうさんでした。初めのほうで流れていた主題歌は、チームしゃちほこの「Cherie!」という曲でした。

「日本史」とタイトルにあるだけあって、最初に見始めた頃に思っていたよりも、「日本史」の部分はちゃんとしていたような気がします。難升米(なしめ)が登場していたこともあって、細かい感じがしました。最後に簡単な解説も付けられていました。

ゆるい作風の短編アニメかもしれないのですが、見ていくと、意外と(と言ってはいけないかもしれないのですが)楽しくざっくりと日本史を学ぶことができるのかもしれないなと思いました。ただ、次回は「織田信長」のようですし、歴史の時間軸はバラバラになっているようでした。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム