「世界一難しい恋」第1話

日本テレビの新水曜ドラマ「世界一難しい恋」の第1話を見ました。初回は10分拡大版で放送されていました。

嵐の大野智さんが主演を務めるという理由で、私も見るのを楽しみにしていたドラマです。ドラマの舞台は、横浜のみなとみらいの辺りのようでした。

第1話は、ライバルの「ステイゴールドホテル」の社長の和田英雄(北村一輝さん)から恋人がいないことを鼻で笑われていた「鮫島ホテルズ」の社長の鮫島零治(大野智さん)が、お見合いを繰り返しては相手の女性たちに嫌われて断られ続けていたある日、自身がかつて中途採用していた新入社員の柴山美咲(波瑠さん)と再会し、気になったことをはっきりと言う美咲さんに惹かれていき、和田社長を見返すために2か月後のパーティーに美咲さんを婚約者として連れて行こうと考える、という話でした。

作と脚本は金子茂樹さん、演出は中島悟さんでした。原作小説などのない、オリジナルドラマだそうです。金子茂樹さんの脚本の連続ドラマとしては、フジテレビの「プロポーズ大作戦」を私は好きで見ていました。

エンディングに流れていた主題歌は、嵐の「I seek」という曲でした。この歌を聴くのも楽しみにしていたのですが、比較的小さな音で流れていたのか、よく聴き取ることができませんでした。

美咲さんの同期の新入社員の堀まひろ(清水富美加さん)の、好きな枕はそば殻の硬めです、という自己紹介が何だか面白く思えたのですが、零治さんの秘書の村沖舞子(小池栄子さん)と零治さんの専属運転手の石神剋則(杉本哲太さん)が美咲さんに好かれたい零治さんを見守っている感じが年上の姉や兄や両親のようだったところも、何かほのぼのとしていて良かったように思います。

鮫島ホテルズの箱根のホテルの清掃員で、ソファの横の埃の塊を取り忘れてクビを宣告された松田さんを演じていたのは美保純さんだったのですが、最初にメイドさんの服装だったのを見て、私は昔のフジテレビのドラマの「白鳥麗子でございます!」のうずまきのことを少し思い出しました。

また、社長室企画戦略部の部長代理の音無静夫を演じていたのは三宅弘城さんだったので、美咲さんを演じている波瑠さんが主演を務めていた前作のNHKの連続テレビ小説「あさが来た」のことも思い出しました。(最近、ドラマの中ではNHKの「連続テレビ小説」の視聴率が一番高いそうなので、俳優さんたちのキャスティングを先に行うと言われている日本のドラマ界では、今は「連続テレビ小説」の出演者を集めようとしているのかなという印象でもあるのですが、現在放送されている連続テレビ小説の「とと姉ちゃん」自体も、「連続テレビ小説」の出演者たちを集めたキャスティングのドラマになっているような気がします。)

このドラマのタイトルは「世界一難しい恋」で、第1話を見た私には、このドラマの零治さんの恋?のどの辺りが「世界一難しい」のかがまだいまいちよく分かりませんでした。美咲さんの付き合っている人が外国人のようなので、そのようなところが「世界一」に関わってくるのかなとも思ったのですが、違うかもしれません。

ジムで美咲さんの気を引きたい零治さんが苦手な牛乳を飲む場面や、美咲さんに話しかけられて喜ぶ零治さんが帰りの車の中ではしゃぐ場面も何となく面白いような気がしたのですが、美咲さんの周囲をうろつく怪しい社長であるようにも、少し見えてしまいました。

ただ、零治さんがどのような社長なのかということは、はっきりとは描かれていなかったようにも思います。キノコとメダカを好きで、傲慢で、自分のホテル運営に役立たないと考えた社員をすぐにクビにするようなワンマンの社長、ということは分かったような気もするのですが、女性といる時の零治さんの言動が「正直」なのかどうか、私にはよく分かりませんでした。

零治さんのことをよく知らないようだったお見合い相手の女性たちが一体何を見て、どのようなルートから零治さんのお見合い相手に応募?してきたのかというようなところも、よく分かりませんでした。

鮫島ホテルズの経営者がもともとは零治さんの両親だったのかというようなところなども描かれていなかったように思いますし、もしかしたら私が見逃したり聞き逃したりしてしまったのかもしれないのですが、零治さんの両親の生死も不明でした。

嵐の大野さんの演じる社長が、波瑠さんの演じる新入社員を好きになるという“ラブコメディー”のためのドラマなのかもしれないのですが、昨夜の第1話を見た限りでは、私には、設定や世界観がざっくりとしているというような印象でもありました。

大野さんが主演ということなのですが、大野さんと波瑠さんのダブル主演のドラマのようにも見えました。

でも、思いやりの気持ちの少ない傲慢な零治社長が、美咲さんを好きになったことで、人としても社長としても少しずつ良い方向へ変わっていく成長物語なのかもしれないなと思います。

このドラマの物語が面白いのかどうかは第1話を見た限りでは私にはまだいまいちよく分からなかったのですが、次回も見てみようかなと思います。ドラマの舞台の横浜のみなとみらい地区の夜景は、やはりきれいでした。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム