「火の粉」第3話

フジテレビの「オトナの土ドラ」枠のドラマ「火の粉」の第3話を見ました。

第3話は、梶間家の嫁の雪見(優香さん)が一家惨殺事件の被害者遺族だった池本亨(佐藤隆太さん)から話を聞いてますます自分への疑いを強めていることを知った武内真伍(ユースケ・サンタマリアさん)が、雪見さんの母親からの虐待と流産の過去を暴き、娘のまどか(庄野凛さん)に手を上げるようにもなった雪見さんに長い間嘘を付かれていたと思い始めた梶間家の中から、雪見さん一人を追い出そうとする、という話でした。

ドラマの初めのほうで、武内さんは、梶間家の亡くなったばかりの祖母のお墓に向かって、自分を無罪にしてくれた梶間家を守ると誓っていました。

その後、遊びに来たまどかさんに手作りのはちみつ入りの野菜ジュース?を出していて、まどかさんの片方の腕には虫に刺されたとまどかさん自身が主張する謎の青黒い痣ができていました。梶間家の家族は、まどかさんの痣は雪見さんの虐待によって付けられたものだと思うようになっていました。

雪見さんが浮気をしようとしていたと思う夫の俊郎(大倉孝二さん)も、雪見さんが孫のまどかを叩くのを見た義母の尋恵(朝加真由美さん)も、雪見さんが武内さんへの判決を間違っていたのではないかと考えていることを気にする元裁判官の義父の勲(伊武雅刀さん)も、嘘を付くつもりはなかった、信じてくださいと訴える雪見さんのことをすぐには信じることができなくなっていました。そして、いたたまれなくなった雪見さんは、自分の正しさを家族に証明するために、しばらく家を出ることにしたようでした。

脚本は高橋悠也さん、演出は竹村謙太郎さんでした。

武内さんがまどかさんに出す飲み物の中に入れていた蜂蜜は、「スズメバチの蜂蜜漬け」でした。私はこのような蜂蜜があることを知らなかったので少し驚いたのですが、「スズメバチの蜂蜜漬け」というものは、スズメバチを捕まえて?自分で作ることもできるようなのですが、市販もされているようで、武内さんが使っていたものは市販のものであるようでした。

ただ、まどかさんの謎の痣が結局何によるものなのかは、今回のドラマの中では特に描かれていませんでした。まどかさんの体調がその後悪化するというような展開も、今回にはありませんでした。

雪見さんのパート仲間の佐々木琴音(木南晴夏さん)も、武内さんと親しくなって、雪見さんが武内さんのことを怪しんでいるのをただの思い過ごしだと思うようになっていました。家を出た雪見さんは、次回予告によると、妹夫婦が殺されたという池本さんと調査を始めるようでした。

被害者らしき新しい人物も登場するようですし、次回からはもう少し物語が進むのかなと思います。ただ、私としては、最後の武内さんの母親宛のビデオレターの場面で、武内さんが「殺人」を告白する場面は、無くても良かったように思えました。この連続ドラマでは、武内さんが犯人(殺人犯、雪見さんの日記の窃盗犯など)なのかそうではないのかがもう少し曖昧なままでもそれなりに良かったのではないかなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム