「真田丸」第15回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第15回「秀吉」を見ました。昨夜の「真田丸」の画面の上と左には、九州地方の地震や各地の強風の被害の情報が流れていました。

第15回は、越後の上杉景勝(遠藤憲一さん)と共に上洛し、羽柴秀吉(小日向文世さん)に気に入られた真田源次郎信繁(堺雅人さん)が、秀吉の遊び人の側面と、有能な政治家としての側面とを目の当たりにする話でした。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は木村隆文さんです。

信繁は、石田治部少輔三成(山本耕史さん)の初回で大谷刑部少輔吉継(片岡愛之助さん)に出会い、秀吉の紹介で千利休(桂文枝さん)に出会っていました。

また、今回は「秀吉」ということで、秀吉の正室の寧(鈴木京香さん)や弟の羽柴秀長(千葉哲也さん)、母親のなか、秀吉の母親の従姉妹の息子の加藤清正(新井浩文さん)、秀吉の母親の姉妹の息子の福島正則、秀吉の姉の息子の後の豊臣秀次、寧さんの甥の後の小早川秀秋など、秀吉の家族が紹介される話でもありました。

加藤清正は前回にも登場していましたが、今回の加藤清正の場面を見ていて、14日の夜の熊本地震で熊本城の土台が崩れ落ちることになるとは、先週には全く思わなかったことを思いました。

正室の寧さんは、高台院や北政所と呼ばれる人で、ドラマでは、私は「ねね」や「おね」と呼ばれているのをよく聞くのですが、今回の「真田丸」では「ねい」と呼ばれるようでした。

何日か待たされ、ようやく秀吉と対面した景勝は、上座の秀吉から、真田が徳川から攻撃された場合に真田の味方をしないようにと命じられて動揺していました。秀吉の家臣にはなりたくないと景勝は迷っていたのですが、千利休の茶室でお茶を飲む頃には、覚悟を決めたようでした。

信濃の上田城では、真田安房守昌幸(草刈正雄さん)が嫡男の真田源三郎信幸(大泉洋さん)と一緒に次男の信繁からの連絡を待ちながら、秀吉に付くかどうかはもう少し様子を見ると粘っていました。

父親が弟の信繁のことばかり気にしていることに落ち込む兄の信幸が、信繁の娘を育てている地侍の堀田作兵衛(藤本隆宏さん)や、透っ破の出浦昌相(寺島進さん)に正式に弟子入りした佐助(藤井隆さん)に話し相手になってもらえない感じの場面も、何だか面白かったです。信幸の落ち込む様子と、庭で火遁の術を教える出浦さんの火力との差?も面白く思えました。昌幸は、もう少し安定した時代になった時こそが、真面目で几帳面な兄の出番だと考えているようでした。

小日向文世さんの演じる多面性のある秀吉も良かったですし、次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム