「重版出来!」第3話

TBSの火曜ドラマ「重版出来!」の第3話を見ました。

大手出版社の興都館の漫画雑誌『週刊バイブス』の先輩編集者の壬生平太(荒川良々さん)から「編集道」を学ぶことにした新米編集者の黒沢心(黒木華さん)は、アニメ化もされている人気漫画『ツノひめさま』の作者の高畑一寸(滝藤賢一さん)の担当に決まりました。「アオリ」の言葉を考えることになった心さんは、部長の和田靖樹(松重豊さん)から、「アオリ」は編集者から漫画家へのメッセージでもあると教えられていました。

その頃、高畑さんは、一緒に暮らしている彼女の梨音(最上もがさん)が急にいなくなるという危機に直面していました。それでも何とか高畑さんの原稿を入稿させることができた心さんは、次回作の「ネーム」が届くのを待っていたのですが、FAXで編集部に届いた「ツノひめさま」のネームを読み、物語がほとんど進展していないことが気になっていました。

高畑さんの考えを尊重することにした心さんは、そのまま進めようとしていたのですが、先輩編集者の五百旗頭敬(オダギリジョーさん)から、お給料は読者にもらっている、編集者は読者を喜ばせるために力をつくさなければいけないということを言われて、電話に出ない高畑さんに、直談判をしに行くことにしました。

一方、壬生さんは、読者アンケートが連続最下位でついに打ち切りが決定したギャグ漫画『黄昏ボンベイ』の作者の成田メロンヌ(要潤さん)との関係が壊れかけていることに悩み、いつから“二人三脚”ができなくなったのかを考え始めていました。

実家に残してあった昔の『少年サンデー』などの漫画雑誌を開いた壬生さんは、出さなかったけれど毎回書き込んでいた「アンケートはがき」を読んで、漫画だけがつまらない現実を忘れさせてくれる唯一のものだった小学生の頃の自分を思い出し、アンケートを送ってくれている読者は自分自身だと思い、今まで無視してきた「黄昏ボンベイ」への意見の書かれたアンケートはがきを全部読み返していました。

そして、高畑さんの元へ急ぐ心さんと一緒に出版社を出た壬生さんは、成田さんに会いに行き、はがきとインターネット上の意見もまとめた表を見せて、どうして「黄昏ボンベイ」の人気が上がらなかったのかを成田さんに説明し、編集者として漫画の面白さをもっと読者に伝える努力をするべきだったということを反省していました。成田さんは、もう一度壬生さんと一緒に面白い漫画を描いていく決意をしたようでした。

高畑さんに会いに行った心さんは、このネームのままでは読者はがっかりする、編集者は漫画家が読者からの信頼を失わないように漫画家を守るのも仕事なのだと言って、心さんが考えたネームの改正案を苛立つ高畑さんに渡していました。改正案を読んだ高畑さんは、その紙を破り捨てていたのですが、「ツノひめさま」の漫画の「アオリ」のメッセージの「強い男はいないか」という一文を読んで、やる気を出したようでした。そして、高畑さんのもとには、温泉に行っていただけだった梨音さんも帰って来ました。送られてきた「ツノひめさま」の新しいネームを読んだ心さんは、その面白さに感激していました。

脚本は野木亜紀子さん、演出は福田亮介さんでした。

第3話は、新人編集者の心さんと漫画家の高畑さん、先輩編集者の壬生さんと漫画家の成田さんが、信頼関係を築いていく話でした。心さんの物語と、壬生さんの物語が同時進行的に描かれていて、二人が一緒に会社を出てそれぞれの漫画家さんのところに向かう場面でつながっていました。そのようなところも良かったです。第3話も、面白かったです。

壬生さんは、編集者は水の中で溺れかけている漫画家に読者という浮き輪を投げる係なのだと考えていました。漫画の編集者は漫画家と読者をつなぐ架け橋なのだということや、読者も一緒に漫画を作っているのだということが、よく伝わってくる物語になっていたように思います。

エンドロールによると、今回の「ツノひめさま」を描いたのは河合克敏さんで、「黄昏ボンベイ」を描いたのはのりつけ雅春さんでした。

毎回登場するドラマの中の漫画も楽しみに思えるのですが、今回のドラマで「黄昏ボンベイ」のギャグについて壬生さんが話しているを聞いて、ギャグ漫画を描くのは恋愛漫画や冒険漫画よりも難しそうなことであるようにも思えました。

「小熊」と呼ばれている編集者の心さんの明るさや素直さは今回も清々しかったですし、次回も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム