「世界一難しい恋」第3話

日本テレビの水曜ドラマ「世界一難しい恋」の第3話を見ました。

第3話は、新入社員の柴山美咲(波瑠さん)に好かれようとして仕事を頑張った鮫島ホテルズの社長の鮫島零治(大野智さん)が、東京でのホテルの経営を始めることを決めた夜の社内でのお祝いの会で、同期の新入社員の堀まひろ(清水富美加さん)から友人の新入社員が社長に好かれて結婚したのをどう思うかと訊かれた美咲さんが「気持ち悪い」と答えたことにショックを受け、山のキャンプ場に引きこもる、という話でした。

脚本は金子茂樹さん、演出は中島悟さんでした。

今回も、零治さんの秘書の村沖舞子(小池栄子さん)と運転手の石神剋則(杉本哲太さん)がいることで、零治さんの面白さが際立っていたように思えました。

零治さんを心配した村沖さんは、零治さんがライバル視している「ステイゴールドホテル」の社長の和田英雄(北村一輝さん)に相談して、キャンプ中の零治さんの様子を見に行ってもらっていました。

突然現れた和田さんから、恋愛をするのに新入社員も社長もない、立場は関係ないと言われて感動した零治さんは、和田さんを「師匠」と呼び、恋愛の達人?の和田さんの弟子になることにしたようでした。

私にはまだすごく面白いドラマというのとは少し異なるのですが、どちらかというと後半の展開が面白いドラマであるような気がします。前回の第2話も、前半より後半のほうを面白く思えました。

零治さんが新入社員の美咲さんを好きになったことを素直に認めて、和田さんに弟子入りをする展開も、良かったように思います。ただ、今回の予告編でもその最後のキャンプの場面があったのですが、最後の展開を予告編に入れるのは、あまり良くないように思えるというか、少しもったいないことであるようにも思えました。

予告の印象では、零治さんが和田さんに恋愛の仕方を習う?次回から零治さんと美咲さんの物語はもう少し展開するようでした。タイトルの「世界一難しい」がまだ何となく気になるのですが、それはそれとして、次回の零治さんの物語も見てみようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム