「99.9-刑事専門弁護士-」第3話

TBSの日曜劇場のドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の第3話を見ました。録画をしておいたものです。

第3話では、斑目法律事務所の刑事事件専門チームは、建設会社の事務所の金庫から1000万円が消え、経理担当者の吉田果歩 (山下リオさん) が疑われて、自宅の押入れから1500万円の札束が見つかったことから無実を訴える果歩さんが逮捕されてほぼ有罪とされているという件を、果歩さんとは離れて暮らしていた病床の母親の冴子 (麻生祐未さん)が全財産を弁護の費用に当てるから娘を助けてほしいと依頼されて、解決することになりました。

脚本は宇田学さん、演出は金子文紀さんでした。

今回は深山大翔 (松本潤さん) よりも、弁護をする相手が女性だからということで担当を希望した、立花彩乃 (榮倉奈々さん)が中心となっていた回でした。

それはそれで良かったようにも思うのですが、母親が余命1か月だということを弁護士の立花さんに教えられて知った果歩さんが母親に会いたいから無実だけれど罪を認めて早く外に出たいと立花さんに頼んでいた場面がありましたが、果歩さんが母親に会うという点については、例えば弁護士の立花さんが母親の冴子さんを果歩さんのいる拘置所へ連れて行くということはできなかったのでしょうか。

冴子さんは入院をしていましたが、自分から弁護士事務所に来ることもできていたので、病気だとしても、車で付き添って行くなどすればもしかしたら可能だったのではないかなとも思いました。(最終的には無罪判決が下った後、解放された果歩さんは病床の母親と再会することができました。)

また、今回も、社長(鶴見慎吾さん)の金庫の「暗証番号」のメモが登場した時点で、わざわざ「監修」を付けるほどの「トリック」は分かりやすいものになっていたように思います。

「刑事事件専門」とタイトルにあるいるため、そもそも「弁護士ドラマ」というよりは「刑事ドラマ」のほうに近いということなのかもしれないのですが、警察や検察がちゃんと仕事をしていないドラマであるということは、今回を見ていてもまた改めて思いました。

このドラマを好きな方はたくさんいるのだろうと思いますし、一視聴者の私がいろいろ言うのは良くないかもしれないとも思うのですが、第3話までを見た今のところの私には、このドラマ作品をまだあまり面白く思うことができていません。上手く伝えることができないのですが、主人公の深山さんが料理を作るとか、他人のお弁当に自家製の調味料を足して味付けを変えるとか、そのような部分よりも、物語の本筋の部分をもう少し丁寧に作ってほしいような気がしています。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム