「真田丸」第19回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第19回「恋路」を見ました。

第19話は、豊臣秀吉(小日向文世さん)に家族を殺された過去を持つ茶々(竹内結子さん)が、秀吉の熱心さに気持ちを変えて、秀吉の側室になることを受け入れていく話でした。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は小林大児さんでした。

「恋路」というサブタイトルを見て、誰の「恋路」なのだろうと思っていたのですが、秀吉の「恋路」ということだったのかなと思います。

秀吉にも茶々にも気に入られていた真田源次郎信繁(堺雅人さん)が、近付いて来る茶々に振り回されていたところも面白かったのですが、茶々と噂になっていることを心配する信繁が、きり(長澤まさみさん)や豊臣秀次(新納慎也さん)や石田三成(山本耕史さん)から信繁に隙があったからだと言われ続けていたところも面白かったです。

加藤清正(新井浩文さん)から睨まれていた信繁が石田三成に相談すると、三成は加藤清正が九州の平定へ向かうことを信繁に話していて、清正は秀吉の命で九州へ旅立ちました。

母親のお市の方と似ている茶々を好きな秀吉は、死ぬ時に日の本一幸せな女でしたと言わせたいのだと熱心に茶々に訴えて、茶々に側室になるよう頼んでいました。

秀吉が茶々を武器庫から遠ざけていたのが、美しいものだけに囲まれて美しいものだけを見て生きていってほしいからだという理由だったところが、何だかとても良かったです。茶々は少し迷っていたのですが、結局側室になることを受け入れることにしていました。その場面の背景の中庭の桜の花びらが舞い過ぎていたような気もしたのですが、茶々や秀吉の感情を表していたのかなとも思いました。

記憶喪失が治った松(木村佳乃さん)が、真田源三郎信幸(大泉洋さん)のことを源次郎と間違えていたり、駿府城のことを全く思い出せないことについて、初めて来た城ですと言われて納得していたところも面白く思えました。三谷幸喜さんの脚本らしく、細かいところが面白いです。

徳川家康(内野聖陽さん)は、本多平八郎忠勝(藤岡弘、さん)の愛娘の稲(吉田羊さん)を、与力となった真田家の嫡男の信幸の妻とすることを決めました。真田安房守昌幸(草刈正雄さん)は、信幸には亡くなった自分の兄の娘のこう(長野里美さん)という妻がいると家康に伝えたのですが、離縁すればいいと言われて迷っていました。

そして、長く徳川家にいる弟の真田信尹(栗原英雄さん)と話し合った結果、こうを里に返すと決め、困惑する信幸と稲さんを対面させました。稲さんも父親に頼まれた時には嫌だと反発していたのですが、家康のために真田家の間者として真田家に入るということで納得していました。

秀吉の側室になることを決めた茶々が、秀吉に異動を頼んでいた信繁に、かっこ悪い、と言っていたのも何だか良かったですし、同じ時に死ぬだろうと茶々が信繁に予言のように伝えていたところも、悲劇的な雰囲気が出ている感じがして良かったです。

信繁の茶々との思い出の山吹の花の押し花を食べてしまうきりさんも面白かったですし、今回も最後まで楽しく見ることができました。今回には朝鮮出兵の話題も出ていましたが、これから少しずつ迷走していく秀吉の側室となった茶々さんが“傾国の美女”のように描かれていたのも、良かったように思いました。次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム