「世界一難しい恋」第7話

日本テレビの水曜ドラマ「世界一難しい恋」の第7話を見ました。

第7話は、交際相手の新入社員の柴山美咲(波瑠さん)を部屋に泊めても何もしなかったことを秘書の村沖舞子(小池栄子さん)から美咲さんがかわいそうだと注意された鮫島ホテルズの社長の鮫島零治(大野智さん)が、インターネットのアンケートで1位だった観覧車デートで「キス」をしようとする話だったのですが、まさか運転手の石神剋則(杉本哲太さん)に相談して自宅のベッドの脚に小細工をするという展開になるとは思わなかったので、驚きました。

でも、面白かったです。ラブコメディーというか、コメディーでした。コントのようでもありました。

三浦家康 (小瀧望さん)を除く社長室企画戦略部の社員の音無静夫(三宅弘城さん)や白浜吾郎(丸山智己さん)たち全員が零治さんと美咲さんが付き合っていることに気付いていた件も面白かったですし、恩着せがましい話し方をする三浦家康さんの場面も楽しく思えました。家康さんの独白があったところが良かったのだと思います。

美咲さんとキスをしようとする零治さんの計画は失敗し、さらに事故に見せかけようとする小細工がばれて美咲さんを怒らせてしまうのですが、社長の“大人の余裕”の無さと器の小ささに気付いて、一度でも社長を器の大きい人だと感じた自分を殴りたいと思うほど情けなく感じて嘆いている美咲さんに零治さんがクビを言い渡してさらなる器の小ささを発揮するという展開にもまた驚きました。

最後の、和田さんを好きになって付き合うことになりかけていた村沖さんが、社長の味方で続けるために和田さんと付き合うのを辞めることにするというのも意外でした。

零治さんの良さは簡単には言い表すことができないとか、私が会社を辞めたら零治さんの味方がいなくなってしまうということを和田さんに話していた村沖さんは、零治さんのことを、好きです、大好きです、と答えていたのですが、その「好き」は恋愛ではなく、もっと大きな愛情のように思えました。

次回予告の中では、社長の零治さんが美咲さんに神奈川県から出て行けなどという暴言を吐いていましたし、確かに(世界一かどうかは分かりませんが)「難しい恋」になってきたような気がします。

大野智さんの演じる零治さんの表情や言動も面白いですし、最初の頃に思っていたよりも、私もこのドラマ全体を大分面白く思うことができるようになってきました。次回も楽しみにしたいと思います。


ところで、「G7伊勢志摩サミット」の開幕前夜だった昨夜には、日米首脳会談が行われていました。放送されていた会見では、沖縄の遺体遺棄事件(報道ではまだなぜか殺人事件とは言われていません)については、不平等条約と言われている日米地位協定の改定については何も言われていませんでした。沖縄県の翁長知事が会談前に話していたように、日本の安倍首相は「綱紀粛正」や「徹底した再発防止」をアメリカのオバマ大統領に求め、オバマ大統領は地位協定の「運用の改善」への協力を約束するということで終わっていたように思います。

何気なくラジオをつけて途中から聞いた、TBSラジオの荻上チキさんの「Session-22(セッション22)」でも日米地位協定のことが伝えられていたのですが、その後の深夜の12時台(遅い時間ですが)では、AIのある未来の話題になっていて、ゲストの小説家の海猫沢めろんという方のリクエストとして、たまの「さよなら人類」が流れてきました。私は小学校の頃にこの曲を知ったのですが、たまというバンドの方の歌は今でもこの歌しか知りません。ラジオから流れるこの曲を久しぶりに聴いたように思うのですが、いつ聴いても名曲だなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム