「真田丸」第21回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第21回「戦端」を見ました。

京の聚楽第の太政大臣関白豊臣秀吉(小日向文世さん)からの上洛の要請を断り続ける北条氏政(高嶋政伸さん)が上洛の条件として現在真田のものとなっている沼田城の受け渡しを秀吉に要求したことから、苛立つ秀吉は戦の準備を進めるよう石田三成(山本耕史さん)に命じました。

秀吉の影に千利休(桂文枝さん)の動きがあることを感じて、戦乱の世に逆戻りしてしまう大戦を避けために策を講じた三成は、徳川家の立会いの下で沼田城をどうするかについて真田と北条に会議をさせて最終的には秀吉が判断するということを秀吉に提案しました。

父親の真田安房守昌幸(草刈正雄さん)を説得するよう三成から頼まれた真田源次郎信繁(堺雅人さん)は、京に建てられた真田屋敷に呼び出された昌幸に事情を説明し、激怒する昌幸の名代として、会議に参加することになりました。

一方、徳川家康(内野聖陽さん)と本多正信(近藤正臣さん)は、独自の判断で伊豆の韮山の屋敷に北条氏政(高嶋政伸さん)を訪ね、戦友として、上洛の説得を試みました。しかし、氏政は上洛を拒否し、嫡男の北条氏直(細田善彦さん)も拒否したため、板部岡江雪斎(山西惇さん)が北条の名代として京へ向かいました。

そして、本多正信と信繁と雪斎が集まった部屋に、豊臣秀次(新納慎也さん)と三成、秀吉がやって来て、会議が始まることになりました。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は木村隆文さんでした。

久しぶりに北条氏政が登場していて、登場人物の男性たちの政治的な部分が描かれていて面白かったです。上洛を拒む北条家が後に滅亡するということが、有働アナウンサーのナレーションで伝えられていました。

北政所の寧(鈴木京香さん)と子供を生んだ茶々(竹内結子さん)と阿茶局(斉藤由貴さん)、真田郷の薫(高畑淳子さん)やこう(長野里美さん)やとり(草笛光子さん)などの女性たちの場面も楽しかったです。

愛娘の稲(吉田羊さん)に頻繁に会いに来る本多忠勝(藤岡弘、さん)と真田源三郎信幸(大泉洋さん)のやり取りも面白かったです。祖母のとりさんのことを「あのお婆さん」と言ったりする姉の松(木村佳乃さん)の、記憶喪失が完全には治っていない感じが続いているところも面白く思えました。

豊臣家の跡継ぎということになっている秀次が秀吉の嫡男の誕生にほっとしているというところが描かれていたのも、後の不幸につながる部分ではあると思うのですが、良かったように思います。

会議の様子を伺うために物置に隠れている昌幸も面白かったですし、戦を避けるための沼田城を巡る話し合いが行われるらしい次回の「真田丸」も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム