「世界一難しい恋」第8話

日本テレビの水曜ドラマ「世界一難しい恋」の第8話を見ました。

柴山美咲(波瑠さん)が鮫島ホテルズを辞めてから3日、あからさまに落ち込んでいる社長の鮫島零治(大野智さん)を心配した社長室企画戦略部の社員たちは、美咲さんと社長を会わせるために美咲さんの送別会の開催を計画しました。

第8話は、観覧車のよく見える屋外の送別会の会場でダーツの得点を「333(ミサさん)」にしながら美咲さんが来るのを待っていたのに、美咲さんからステイゴールドホテルへの再就職を決めたと訊き、ホテルに勤めるならせめて神奈川県から出て行け、海外のホテルで働けと器の小ささを加速させる激怒の仕方で追い返してしまった零治さんが、美咲さんを接客の最前線の受付のコンシェルジュにしたと言うステイゴールドホテルの社長の和田英雄(北村一輝さん)から、秘書の村沖舞子(小池栄子さん)に鮫島を裏切ることはできないと言われて振られた時、村沖さんが零治さんを好きだと言っていたと教えられ、これまで何とも思っていなかった秘書の村沖さんを急速に意識し始める、という話でした。

作と脚本は金子茂樹さん、演出は中島悟さんです。

コントのようだった前回の第7話に引き続き、第8話の展開も面白かったです。

冒頭の、零治さんを心配する心の声のあった、部長の白浜吾郎(丸山智己さん)や部長代理の音無静夫(三宅弘城さん)、蛭間太陽(西堀亮さん)、丸田潤(若林誠さん)、松若笹広(札内幸太さん)、堀まひろ(清水富美加さん)の6人と、その6人とは少しずれている三浦家康 (小瀧望さん)の場面も面白かったですし、白浜さんや音無さんたちがお弁当を持ってハイヤーの運転手の石神剋則(杉本哲太さん)に社長のことで相談に行く場面も、まだ2回くらいしかないように思うのですが、安定して楽しかったです。

今回には、今は鮫島旅館の経営者の座を退いているという、零治さんの父親の幸蔵(小堺一機さん)も再び登場していたのですが、車を運転中の石神さんが道を一人で歩いている幸蔵さんに気付くところも良かったですし、息子の好きなお蕎麦の道具を持って零治さんに会いに来た幸蔵さんの雰囲気も良かったですし、零治さんが父親を嫌うのは零治さんと幸蔵さんがよく似ているからだということを村沖さんが指摘していたところも良かったです。

幸蔵さんが息子の零治さんに軽蔑されている理由は、零治さんが高校生の頃に幸蔵さんが、零治さんの母親の誕生日に母親が持っているのと同じバッグをプレゼントしてしまい、喧嘩になった母親を酔った勢いで家から追い出してしまったからだったのですが、その幸蔵さんのダメ夫的なエピソードも、それを音無さんたちが石神さんから聞いている様子も面白く思えました。

村沖さんを意識し始めた零治さんは、村沖さんと一緒にいると安らぎを感じるということに気付き、社長とは家族同然だと言う村沖さんに、本当の家族にならないかと言い出していたのですが、そのような零治さんに、村沖さんが、失恋のショックでできた穴を身近な異性で埋めようとするのはやめてください、私といて安らぐと思うのは私といると社長は自分の欠点と向き合わずに済むからです、というようなことを言い切っていた場面も、とても良かったです。小池栄子さんの演じる秘書の村沖さんの存在がこのドラマには重要なのだということが改めて分かる場面でもあったように思います。

自分を軽蔑する息子に会いに来た父親のように勇気を出せと村沖さんに叱咤された零治さんは、ステイゴールドホテルの部屋を取り、「333」の鍵を持ってコンシェルジュの美咲さんに会いに行きました。別れた恋人と仲直りする方法を訊かれた美咲さんはすぐに無理だと答えたのですが、零治さんは帰宅する美咲さんを待ち伏せして、よりを戻すための説得を続けていました。

石神さんに教えられたゲーテの「愛するものの欠点を愛さないものは真に愛しているとはいえない」という言葉を持ち出した零治さんは、美咲さんの欠点を認めるから自分の欠点も認めるようにという論理で迫り、美咲さんからは言い掛かりをつけるのかと呆れられていたのですが、それでも一応「条件」として、メールで連絡をしてもらう約束をしていました。

登場人物同士の会話が楽しいドラマだと思うのですが、今回は特に、このドラマの主な登場人物たちの全員がバランス良く描かれて活躍しているように思えたところも良かったのだと思います。

最初の頃はいまいちよく分からないように思うところもあったのですが、今はこのドラマが「ラブコメディー」なのだということは私にもよく分かるようになりました。送別会の場面の横浜の観覧車(相変わらず夜景はきれいです)の時計の時間の進み方がドラマの時間と同じくらいだったところも自然な感じがして良かったです。次回の「世界一難しい恋」も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム