「好きな人がいること」第1話

フジテレビの「月9」枠の新ドラマ「好きな人がいること」の第1話を見ました。初回は15分拡大版で放送されていました。

第1話は、これからはベーカリーのみのお店にするという理由で街のケーキ店を解雇されて就職活動をしなけらばならなくなった、実家がお団子屋さんのパティシエの櫻井美咲(桐谷美玲さん)が、昔アルバイト先が一緒だったという憧れの先輩だった柴崎千秋(三浦翔平さん)に湘南の実家のレストランで住み込みで働かないかと誘われ、千秋さんと千秋さんの弟の夏向(山崎賢人さん)と冬真(野村周平さん)という柴崎家の“イケメン三兄弟”との同居生活を始めることになる、というような話でした。

脚本は桑村さや香さんでした(私は「フジテレビヤングシナリオ大賞」のドラマ「輪廻の雨」を好きでした)。演出は金井紘さんでした。主題歌は、JYさんの「好きな人がいること」という曲でした。

柴崎家の三兄弟が亡き両親から受け継いだというレストラン「SeaSons」は、実際に鎌倉の稲村ケ崎の線路沿いにある「海菜寺」というレストランが使われているようでした。私は行ったことがないのですが、線路のすぐ向こう側にある門や海を一望できる見晴らしの良いテラス席の風景が雑誌や旅番組などでよく紹介されているので、人気のある有名なお店なのだろうと思います。

少し不自然に思えるような設定も含めて、少女漫画風の展開のドラマのように思いました。ただ、好きな人がいれば世界は違った姿に見えるというようなことは、私にも何となく分かるような気がします。確かにそうなのかもしれないなと思います。すぐに「好きな人」が現れた美咲さんは、それだけでもかなり幸せな人なのかもしれません。

主人公の美咲さんがケーキ職人で、夏向さんを演じているのが山崎賢人さんというところから、NHKの連続テレビ小説の「まれ」を少し思い出しました。私はほんの少ししか見たことがないのですが、昔のフジテレビの「月9」の「ビーチボーイズ」(主演は反町隆史さんと竹野内豊さん)や「ランチの女王」(主演は竹内結子さん)のことも何となく思い出しました。そう思うと、今回の「好きな人がいること」は、「月9」らしいドラマ、ということなのかもしれません。

湘南の鎌倉の街を舞台にした、“海と恋”の夏ドラマなのかなと思います。連続ドラマなのですし、それだけではないのだろうとも思いますが、ある日突然主人公が美しい兄弟(あるいは姉妹)と同居をすることになるというタイプのラブコメディー?を好きな方には、気軽に楽しむことのできる作風のドラマなのかもしれないなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム