東京都知事選挙まであと3日

昔は大手のテレビやラジオや新聞の報道を信用できるとか信用できないとかいうようなことをそれほど思わなかったのですが、最近はいまいち信用できないように思えることもあります。

現政権の下で「自粛」をして?はっきりと政権批判をすることができなくなっているという風に思えるところもそうなのですが、東京都知事の立候補者の21人の内、政党関係者の3人を「主要な立候補者」として絞って連日伝えていたりすることも(投票までの日にちが残り少なくなってきてからは3人以外の他の候補者の考えも少し伝えるようになってきましたが)、何だか残念に思えます。

マスコミの選んだ「主要な3候補者」の内の増田さんは自民党や公明党などの推薦者で、小池さんは自民党議員で、鳥越さんは野党の推薦者なので、この方たちしか立候補者がいないのではないかと思えるような報道の3人の内の2人が与党関係者というのはやはりバランスが悪いような気がしますし、立候補者の誰が優勢であるなどと解説をするのも、誘導的で良くないように思えます。

「クリーン」ではない政治資金の使い方や金銭感覚の問題で途中で辞めることになった舛添前都知事は自民党が推薦し自民党の都議によって守られていた都知事でしたが、舛添さんを嫌った都民の方がもしも今度の選挙で尚も自民党関係者を都知事に選ぶのだとするなら、それも何だか不思議なことであるように思えます。

自民党は自民党議員の小池さんを公式には推薦しないとしているだけなので、仮に都知事に決まることがあったとするなら、またすぐに寄って来るような気がします。正式な立候補者となってから言わなくなった都議の「冒頭解散」というものも、おそらく都議の方たちから不信任は出されないだろうと思いますし、無いのだろうと思います。

そもそも、立候補者に政党の推薦などがあるのもあまり良くないことのように思うのですが、東京都知事に外国の小さな国の?大統領ほどの権力があるというのが本当なら、21人というたくさんの立候補者を一回の投票で選ぶというのも、何か無理があるような気がします。立候補者が多い場合は予選があるといいのかもしれないとも思ったのですが、そのようにしてもまた何かしらの不公平さは出てきてしまうのかもしれません。

東京都知事選挙は31日です。期日前投票は始まっています。都知事立候補者は国政に口を出すなと言う方もいるそうですが、都政と国政は無関係ではなく、やはりつながっているように思います。他の道府県の場合もそうだと思います。宇都宮健児さんが辞退してしまったことも少しもったいないように思えましたし、良い立候補者がいないのように見えるのが少し空しい感じでもあるのですが、新しく東京都知事に選ばれた方が善い人であるといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム