「ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~」第3話

テレビ東京の「金曜8時のドラマ」の「ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~」の第3話を見ました。

人形町にあるカキフライが人気の洋食店「東雲軒」の店主の中尾喜一(宮川一朗太さん)が天王洲にある系列店「SHINONOME」でそこの従業員であり外食グループ会社の営業担当者だった刈谷(東根作寿英さん)を人質に包丁を持って立てこもるという事件が発生し、大将の中尾さんともその妻の正江(紺野まひるさん)とも知り合いだったヤッさん(伊原剛志さん)が、正一(上地雄輔さん)と一緒にいた正江さんに夫を助けてほしいと頼まれ、タカオ(柄本佑さん)と共に東雲軒のシェフのふりをして、社長を呼べと要求している中尾さんの説得に向かう、という話でした。

脚本は大島里美さん、演出は都築淳一さんでした。

老舗洋食店の東雲軒のことが、先代から付き合いのある近所のビーフシチュー専門の老舗洋食店や築地市場の魚屋とのつながりの中で描かれている感じも良かったです。先代の大将の正江さんの父親の場面がなくても先代の存在が出ているような気がしました。

中尾さんの妻としての正江さんをヤッさんが叱る隣で蕎麦屋「はし田」で修行中の高校生のミサキ(山本舞香さん)も正江さんを叱咤していたのも、良かったように思いました。ミサキさんは、正江さんに訊かれて、タカオさんを彼氏のようなものと認めていたようでした。

「料理人の矜持」を東雲軒の名物のカキフライで中尾さんに思い出してもらう件も良かったですし、タカオさんや刈谷さんにはかなりおいしかったらしい中尾さんのカキフライを食べた妻や長年の友人たちが、中尾さんの本来の腕はこんなものではない、100%の力を出していないと言っていたのも良かったです。

矜持を語るヤッさんの、「弁の立つ奴」と「腕の立つ奴」、「ビジネスマン」と「職人(料理人)」の対比も、説得力があって良かったです。外食グループ会社の「弁の立つ」悪い社長は、記者会見を開いて上手くごまかそうとしていたのを、社長に裏切られた刈谷さんの裏切りに遭って、悪事を暴露されていました。

あと、今回には、東雲軒の先代店主の娘の正江さんや、ヤッさんを心配するオモニ(板谷由夏さん)や、橋田(里見浩太朗さん)などの登場する流れの中に、ヤッさんの過去が盛り込まれていました。

橋田さんは、ある出版社の社長(坂田マサノブさん)から、東雲軒の中尾さんがお店の名称のことで外食グループ会社ともめているということを聞いていたのですが、その時の橋田さんも社長も何となく極道風で、今回のドラマの最後で、ミサキさんとタカオさんが、「やすし」というお店を開いていたヤッさんの暴力団とのつながりを書いた雑誌の記事をインターネットで見つけて驚いていました。

少し前に言われたことを登場人物が思い出すための回想の場面が少し多めでしたが、私としては、そのような場面はあまりないほうがいいような気がします。ドラマを見ている人には、そのような説明がなくてもおそらく分かるだろうと思うからです。でもヤッさんの物語自体は面白いので(「一文無しの宿無し」の要素はまた少し減っていたようにも思えましたが)、次回も楽しみにしていようと思います。


ところで、今日は、広島にアメリカの原爆が投下されてから71年目の日です。南米大陸での開催は初めてという、ブラジルのリオデジャネイロオリンピックの開幕の日でもあります。今回のオリンピックは参加する国と地域の数も最多なのだそうです。71年前の戦争や戦時下でもたらされた残虐な死を思うことと、現代の世界的なスポーツの祭典が始まることとでは、その内容は異なるとは思いますが、たくさんの国の人々が差別や貧困や暴力のない平和な世界の実現を願うという点では、同じなのだろうと思います。広島の平和記念式典の平和宣言では、松井市長は、先のオバマ大統領の演説のことを取り入れながら、核兵器のことをはっきりと「絶対悪」だと述べて、地球を守るための核廃絶を、世界各国の為政者たちが連帯して行うことの重要性を訴えていました。

私は広島の式典の様子も9日の長崎の式典の様子も、リオのオリンピック・パラリンピックの様子も、メディアの報道によって知ることしかできないのですが、世界平和や地球環境のことを念頭に置きながら(少し大げさですけれど)、夏の恒例の戦争関連の番組や、オリンピック関連の番組のいくつかを、私も見ていくことができるといいなと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム