「ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~」第4話

テレビ東京の「金曜8時のドラマ」の「ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~」の第4話を見ました。

第4話は、老舗玉子焼き店を手伝った帰り道でミサキ(山本舞香さん)と一緒に遭遇した、外国の料理をアレンジしたような変わった鮨ばかりを出すフードワゴン「ワールドSUSHI」の店主の杉山淳平(中尾明慶さん)を手伝っている若菜(中村ゆりさん)に一目惚れをし、築地の江戸前鮨の老舗の「福寿司」の三代目でもある淳平さんが父親である二代目の健(北見敏之さん)と対立していることを知ったタカオ(柄本佑さん)が、築地を愛する「部外者」として、杉山親子を仲直りをしてもらうため、築地市場の未来を考えるために、ヤッさん(伊原剛志さん)の力を借りながら奔走する話でした。

脚本は大島里美さん、演出は小林義則さんでした。

伝統を忠実に守ろうとする今の親世代と、伝統に新しいものを取り入れたい次の子世代の物語でした。タカオさんの提案で「公平公正な第三者」のヤッさんの判定による鮨対決を行うことになった三代目の淳平さんと二代目の健さんが、鮨を食べたヤッさんにそれぞれの鮨への向き合い方の悪いところを指摘されたことによって、反論するようにお互いの良いところを公言するというところも、人情ドラマらしく思えて良かったです。

淳平さんも本当は三代目として「福寿司」を受け継ぎたかったのですが、素直に父親と話すことができず、回りくどくなっていたようでした。築地を紹介するテレビ番組に出るようになって少しタレント気取り?になっていた正一(上地雄輔さん)が、杉山親子の対決の場にいて、自分は魚屋だったと思い出していたのも良かったです。

江戸前鮨(寿司)は、江戸時代の屋台の握り寿司が発祥で、それが全国的に人気になって、お寿司の主流になったものだそうです。かんぴょう巻などの海苔巻きは江戸前寿司の一種だそうですが、イクラやウニなどの乗った軍艦巻きは、戦時中に考案されたものなのだそうです。

老舗蕎麦屋「はし田」の店主の橋田(里見浩太朗さん)の、お店の味がずっと変わらないとお客さんに思ってもらうために毎日お客さんには分からないくらいに少しずつ味を変えて出しているというのも、実際にそのようなことがなされているなら、すごいことだなと思いました。

ヤッさんは、自分はヤクザでも犯罪者でもないと、タカオさんやミサキさんに答えていました。予告によると、次回にはヤッさんの師匠(笹野高史さん)が登場し、ヤッさんの「身の上話」が描かれるようでした。

ヤッさんを見守るオモニ(板谷由夏さん)や、何をしたいかがまだ決まっていないタカオさんを励ますミサキさんの関係性も何となく楽しく思えます。ミサキさんは若菜さんに一目惚れをしたタカオさんを「ナマズ顔!」と言って怒っていました。映画「男はつらいよ」風のタカオさんの一目惚れの結末も良かったです。今回も最後まで楽しく見ることができたので、次回も楽しみにしていようと思います。

ところで、これはこの「ヤッさん」のドラマとは関係のないことなのですが、先日のNHKのBSプレミアムで放送されていた「没後20年 ドキュメンタリードラマ おかしな男 ~渥美清・寅さん夜明け前~」も、良かったです。柄本佑さんが“寅さん”で人気者になるまでの若い頃の渥美清さんを演じていました。渥美清さんを近くで見続けていた作家の小林信彦(川口覚さん)の語りで展開する、ドキュメンタリーと再現ドラマの構成の番組だったのですが、後半は特に、柄本佑さんが渥美清さんに見えてきたように思いました。テキヤの寅さんの啖呵売の口上も再現していました。渥美清さんを尊敬しているという、柄本明さんも出演していました。私は未読なのですが、小林信彦さんの著書『おかしな男 渥美清』を原作にしたものだったようです。明るい人のように思えていた渥美清さんの影の部分が描かれていたのも良かったのだと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム