SMAPの解散が発表されたこと

昨日、SMAPが今年の12月31日をもって解散するということをジャニーズ事務所が発表したということを報道で知りました。

朝の報道で知った直後は、ショックでした。解散するという事実が衝撃的である一方で、やはり解散になるのだなと、予期せぬ驚きということではなかった部分もありました。ただ、TBSで中居正広さんがメインキャスターを務めるオリンピック番組が生放送されている期間なのに、どうして今発表されたのだろうということが不思議に思えました。昨夜の生放送では、テーマ曲として流れるSMAPの「ありがとう」の歌がいつもより感慨深く聴こえました。中居さんは、メインの司会者として、自分たちの問題に少しも触れることなく、選手たちの活躍を伝えたり、選手を応援している方たちと話したりしていました。

今日もまだ解散するということ自体は残念に思えているのですが、でも、今年の1月の、フジテレビの「SMAP×SMAP」で生放送の謝罪まで行われた解散騒動以来、SMAPのメンバーの出演する番組を見ていると、何となく苦しく思えてしまうような部分、痛々しく見えてしまうような部分もあったので、SMAPを好きな一人として、マスコミに向けて発表されたメンバーのコメントを読んで、特に香取慎吾さんや草なぎ剛さんや稲垣吾郎さんの、解散をするという決意の気持ちを尊重したく思いました。

マスコミ宛てに深夜に送られてきたというジャニーズ事務所のFAXの書面の、「メンバー数名」という書き方が、私には何となく少し冷たいように思えました。解散はショックだけれど、でも、解散してはいない少年隊のように、グループ名だけを形として残したようなSMAPになるのなら、メンバーが解散を望むのなら、ファンやスタッフのためとしてそれを無理に続けているよりは、思い切って辞めるということでも良いような気もします。5人で楽しそうにしている姿や歌う姿を見ることができないのを寂しく思えるとしても、5人が無理をしているように見えるというのは、見ている側としても辛いからです。

木村拓哉さんも中居さんも、吾郎さんも、草なぎさんも、香取さんも、ジャニー喜多川さんが社長を務めるジャニーズ事務所は辞めずに個人で活動していくということなので、テレビ局やCMを出す企業?が(今年の1月には“ブラック企業”のようにも思えてしまった)ジャニーズ事務所の何らかの「圧力」に屈しないのなら、これまで通りに活動することができるのだろうと思います。SMAPの名前の付いた「SMAP×SMAP」は終わってしまうのかもしれないとしても、一人ずつ出演している他の番組は、続けようと思えば続けることができるのではないでしょうか。

その存在が日常に馴染んでいるように思えるほどの、まさに「国民的アイドル」のSMAPなので、「紅白歌合戦」を最後に解散するのではないかということが言われていますが、解散したいというメンバーの思いが、5人では活動したくないという思いとして強いのなら、それも難しいことであるような気がしました。以前「紅白歌合戦」でSMAPが大トリで歌っていた時には、本当に華やかな年末の歌祭りという感じで、明るい気持ちでその後の「ゆく年くる年」を見ることができたような気がします。最近は、「紅白歌合戦」で「卒業」を発表するアイドルの方もいますが、「紅白歌合戦」は解散や卒業を伝える場所ではないような気がします。5人で歌う姿を披露してほしいと思う気持ちと、無理に合わせなくてもいいのではないかという気持ちと、一視聴者としては両方あります。

「世界に一つだけの花」を作った槇原敬之さんが、「世界に一つだけの花」はSMAPの歌でなければ売れなかっただろうということを、いつか何かの歌番組で話していたのを聞いたことがあります。本当にそうだなと思います。25周年のライブには森且行さんが登場して6人のSMAPが復活するのではないかという話もあったそうですが、SMAPが解散をすることになり、そのようなことも、何もかも、なくなってしまうのだなと、勝手に、少し寂しいような気持になりました。

解散をするのは年末ということでまだ解散をしてはいないのですし、メンバーはそれぞれに活動をしているのですし、これからも“普通”の気持ちで応援していきたく思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム