「ポンピドゥー・センター傑作展」

先日、東京の上野の東京都美術館で開催されている「ポンピドゥー・センター傑作展 ―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―」という展覧会を見に行きました。

フランスのパリにあるポンピドゥー・センターは、1977年に開館したそうです。そして、今回の展覧会は、ポンピドゥー・センターが所蔵している近代美術作品の中から、1906年から1977年までの作品をタイムラインに沿って、一年ごとに一作家の一作品を紹介していくというものでした。

展覧会のチラシには、「絵画、彫刻、写真、映像、デザイン・・・20世紀のフランスアート丸わかり。」と書かれています。「丸わかり」かどうかは分からないのですが、入り口から年代順に「一年一作家一作品」という展示になっていたのは、とても良かったです。

20世紀の芸術界には、会場の解説によると、フォービスム、キュビスム、ピュリスム、ダダイズム、シュルレアリスムなど、多くの「イスム」があったそうなのですが、この展覧会では、その「イスム」に関係なく、様々な作品が順序良く並んで展示されていました。

作品そのもの展示の仕方ももちろん良かったのですが、私としては、特に良かったと思えたのは、作品の隣に作者の肖像写真と共にその言葉が書かれていたところでした。一年代一作家一作品一言葉、です。作家の性格や自身の作品との向き合い方がよく分かるような短い言葉が展示されていたのですが、作品を見ながらこれを読むのも面白かったです。

フランスのパリということで、展示されている作品の作家の国籍も様々だったのですが、日本の人はレオナール・フジタ、藤田嗣治さん一人でした。

展覧会場は3階に分かれていたのですが、作品が展示されている高い壁の色も、赤、青、白と、トリコロールカラーに分かれていました。

現代社会は戦争時代を経て構築されたものなのだということがよく伝わる展覧会でもあったように思います。芸術作品にはっきりと表現されていても具体的には表現されていなくても、その制作の背景というか、その作家たちの生きていた世界の社会情勢には戦争とは無関係ではありませんでした。

第二次世界大戦の終わった1945年の展示の壁には「一作家の一作品」はなくて、エディット・ピアフの「バラ色の人生」の歌が流れているというのも、少し変わった展示に思えて、印象的でした。

最後の展示は、ポンピドゥー・センターの建物の模型や、その建物が造られるまでの経緯を撮影した映像作品でした。歴史的な建物を壊して造ったようだったので、当時には反対運動などもあったのかもしれません。

年代順に一作家一作品を展示していくという展示方法は、他の美術館の展覧会でそのような展示の仕方にしたとしても、興味深い展覧会になるような気がしました。

戦争などの嫌な出来事も含め、様々な出来事が「歴史」となっている過去の時系列というものが、今回の展覧会のテーマの一つでもあったのかもしれないなと、何となく思いました。「歴史」となっている過去の時間から延びている時間は、今も続いています。その時間は今の社会にも常に影響を及ぼしていて、今の時間がまた未来の世界を作っていきます。その絶え間ない「時間」を、私には目の前の物をはっきりと見るように知ることはできないけれど、美術館などに残されている昔の人たちの作品に接することによって、少し知ることができるような気がします。

現代美術には、私にはよく分からないように思えてしまう作品も多いのですが、分からないなら分からないままでもいいのかもしれません。それは以前、岡本太郎さんの展覧会を見た時にそのように思うことができるようになりました。

たくさんの展覧会を自由に見るということは私にはなかなかできないのですが、時々でも本当の良い作品を近くで見ることができるということは、幸せなことなのだろうと思います。

世界各地の多くの作家が自分自身の中の何かを表出するために様々な場所で作品を作って発表していて、その人たちとは縁もゆかりもない世界の片隅の私がそれを見るということはすごいことであり、不思議なことであるなと、今回の展覧会を見ながら改めて思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム