「運命に、似た恋」第1回と第2回

NHKの「ドラマ10」の新ドラマ「運命に、似た恋」の第1回と第2回を見ました。先週の金曜日から放送が始まったドラマです。

原田知世さんの演じる主人公の桜井香澄は、陸上部に所属している高校3年生のつぐみ(西山潤さん)と二人暮らしのシングルマザーで、“富裕層向けの高級クリーニング店”の「ブランシェス」で働いています。浮気をして出て行った元夫の藤井洋治(小市慢太郎さん)に時々お金をお小遣いを要求されているのですが、洋治さんの母親で写真館を営んでいる藤井灯(草笛光子さん)とは仲が良いようでした。

斎藤工さんの演じるもう一人の主人公の小沢勇凛(ユーリ)は、デザイン事務所を構える気鋭のデザイナーで、ブランシェスの顧客でした。クリーニングを終えた洋服を自宅に届けに来た香澄さんと出会い、香澄さんを部屋に招いて完成したばかりの椅子に座らせるということをしていました。

ユーリさんは、大手家具メーカーの社長夫人である白井真帆(山口紗弥加さん)と不倫をしていて、第1回では、いわゆる「三角関係」になりそうなその3人の関係性と、香澄さんとユーリさんの過去が描かれていました。

香澄さんとユーリさんは、小学校の高学年くらいの頃、夏の石川県の能登の海辺の町で出会っていたようでした。年上の少女は「カスミ」と名乗り、年下の少年は「アムロ」と名乗っていました。母を亡くしていたカスミ(蒼波純さん)は、再婚した父親と暮らすことになり、能登を離れることになりました。駅のホームに立っていたカスミは、カスミがいなくなると知って慌てて駆け付けたアムロ(生駒星汰さん)に請われて髪に着けていたリボンのバレッタを記念に渡し、カスミはアムロから「禁じられた遊び」の鳴るオルゴールの貝殻を受け取って、再会を約束して別れていました。

デザイナーのユーリさんは、そのバレッタをガラスの箱の中に入れて部屋に置いていて、クリーニング店の香澄さんも、オルゴールと貝殻をまだ大切に持っていました。

第2回は、ユーリさんを好きな真帆さんに仮装パーティーだと騙されて恥をかかされ、ユーリさんに対して少し怒っていた香澄さんが、ユーリさんの装飾デザインに使うためのしわ加工の布作りに徹夜で協力するという話で、目覚めた瞬間に見た美しいサガリバナの飾り付けに感動していた香澄さんが、そのような香澄さんに魅入っていたユーリさんに突然キスをされるという場面で終わっていました。

脚本は北川悦吏子さんで、演出は一木正恵さんでした。音楽はYouki Yamamotoさん、エンディングに流れる主題歌は、Coccoさんの「樹海の糸」でした。

原田知世さんと斎藤工さんのダブル主演のドラマだそうです。

過去の舞台は能登だったのですが、エンディングの映像の場面は沖縄のような場所です。第1回を見終わったばかりの時にはどうしてなのだろうと思っていたのですが、第2回では、そのエンディングの映像にも使われている、サガリバナという奄美以南に咲く花がユーリさんのデザインに扱われていました。

タイトルロゴやユーリさんの作品のデザインは、デザイナーの佐藤オオキさんによるものなのだそうです。第1回の椅子や、第2回のサガリバナの飾りが、佐藤オオキさんのデザインということでしょうか。サガリバナという一夜だけ咲く花の存在を知らなかったなら、あるいはサガリバナということに気付かなかったなら、白いクラゲにも見えるような気がしました。

小物や会話がおしゃれなドラマで、物語も少女漫画風というか、何というか、昔だったならフジテレビの「月9」で放送されそうなドラマでもあるような気もしました。Coccoさんの「樹海の糸」は1999年の頃の歌で、新ドラマの主題歌に「新曲」が使われていないということろも、最近の作品としては少し新鮮に思えました。

原田知世さんと斎藤工さんも、ドラマの主人公の香澄さんとユーリさんに合っているように思えました。第2回では、山口紗弥加さんの演じる社長夫人の真帆さんのユーリさんへの激情がすごくて、少し怖い感じもしたのですが、真帆さんは実は本気で?ユーリさんのことを好きであるようでした。

日暮里に布を探しに行くことになったユーリさんとタクシーに乗った香澄さんが、ユーリさんから、何か歌って、と突然無理な要求をされた際に、雨の流れる窓の外を見ながら、荒井由実さん(松任谷由実さん)の「雨の街を」を歌い始めていた場面も、良かったです。 原田知世さんもユーミンさんの歌のカバーをしている歌手の方の一人なのだということを思いました。

第2回の冒頭では、香澄さんの息子のつぐみさんが“前回までのあらすじ”をコメディー風に解説していて、陸上部のつぐみさんの写真を隠し撮りするストーカー?の女子高校生のカメ子(久保田紗友さん)も登場していましたし、実は初恋の人同士?のシングルマザーの香澄さんと人気デザイナーのユーリさんの恋愛の部分だけがシリアスに描かれるドラマというわけではないようでした。

今のところの私にはこのドラマの物語がすごく面白いかどうかはよく分からないのですが、エンディングの映像の中で描かれている香澄さんとユーリさんは幸せそうですし、何となく続きが気になるので、次回の物語も見てみようかなと思いました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム