「真田丸」第40回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第40回「幸村」を見ました。

紀州の九度山村の真田左衛門佐信繁(堺雅人さん)は、突然現れた宇喜多秀家の元家臣の明石全登(小林顕作さん)から大坂城で徳川家康(内野聖陽さん)を相手に戦ってほしいと頼まれ、幽閉の身だからと断ったのですが、会ってほしい人がいると言われてついて行くと、そこには豊臣の家臣の片桐且元(小林隆さん)が待っていました。

信繁と再会した片桐さんは、豊臣秀頼(中川大志さん)とその母親の茶々(淀殿、竹内結子さん)の立場が徳川家との関わりの中で危うくなっていった経緯を信繁に説明しました。それは、秀頼の願いで建てた方広寺の大仏の開眼供養の日の1か月ほど前に、片桐さんが禅僧の清韓に依頼して書いてもらった鐘の銘文の中の「君臣豊楽」と「国家安康」の句が本多正純(伊東孝明さん)に徳川家康や徳川家への呪詛と見なされてしまったというものでした。

茶々の乳母の大蔵卿局(峯村リエさん)や、その息子である、秀頼の側近の大野治長(今井朋彦さん)に失策を責められ、疑われるようになった片桐さんは、身の危険を感じて大坂城を去ることにしたのですが、更にそのことが徳川家康からは豊臣家が徳川家との窓口を断ったものと見なされ、徳川家が豊臣家を攻める口実となってしまったということでした。

片桐さんの話を聞き終わった信繁は、それでも、大軍を率いて戦をした経験はないし、幽閉中であるし、戦が好きではないからなどと言って断ったのですが、家に戻って悩んでいると、きり(長澤まさみさん)に本当は行きたいのではないかと話しかけられ、真田安房守昌幸の息子なのだから強いはずだと背中を押され、父親の遺志を継いで、豊臣家の家臣として徳川家康を迎え討つために再び立ち上がる決意をしたのでした。

庭の里芋を全て引き抜くことにした信繁は、嫡男の大助(浦上晟周さん)を呼んで、自分の人生に関係する漢字の文字の書かれた紙を一文字ずつにするよう命じました。そして、「幸」を取り入れた新しい名前を決めると大助さんに話し、昌幸が運命の決定を八百万の神に託していたように、壺に入れた紙の中から一つを引くという“くじ引き”をさせて、大助さんの引いた「村」の字から、名前を「幸村」と改めていました。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は土井祥平さんでした。

真田信繁が真田幸村となるまでの第40回の物語も、とても良かったです。

片桐さんが信繁に失策を語る場面も面白かったですし、大坂城へ行くべきか迷う信繁を幼馴染みのきりさんが励ます場面も良かったですし、そうして夜の縁側で一人になっていた信繁が秀吉(小日向文世さん)の鈴の音の中でこれまでの日々を思い出す場面も、良かったです。

晩年の秀吉の信繁を呼ぶ鈴の音がこのような流れの中で活かされることになると思わなかったということもあるのですが、その信繁の自分と関わりのあった人物の言葉を思い出していく回想の部分にも無駄がなくて、縁側の信繁の心に秀吉の鈴のチリンチリンという音が静かに響いてくる演出が見事であるように思えました。

信繁が実はまだ何もしていない、ということをきりさんがはっきりと客観的に信繁に突きつけていた場面も面白かったですし、もう一人の幼馴染みで最初の妻だった梅(黒木華さん)が回想の中に登場していたのも、はっとする感じがして良かったです。

新しい名前を大助さんにくじ引きで決めてもらうという展開も良かったです。「村」の字が入っているのを信繁が予期していなくて意外に思っていたり、「村」を「幸」の字の上に置くか下に置くかを床の上で少し考えたりしていたところも面白く思えました。

あと、上田領の沼田城の兄の真田信之(大泉洋さん)には手紙が届けられていたのですが、右手が少し動かなくなっていたようで、持っていた手紙を床に落としていました。

第40回が放送された昨日は10月9日でしたが、慶長19年(1614年)の10月9日は、真田幸村たちが幽閉先の九度山村を出た日で、10月10日は大坂城へ入城した日なのだそうです。偶然なのかそうなるように合わせたのかは分からないのですが、物語の放送日と実際の日付が一致しているということも、何だか面白く思いました。

全50回なので、最終回に近付いているのが少し寂しいような感じもあるのですが、再び大坂編となる次回からの物語もまた楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム