「砂の塔~知りすぎた隣人」第1話

TBSの新金曜ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」の第1話を見ました。

「ハーメルン事件」と一部で呼ばれるようになっていた『ハーメルンの笛吹き』のような園児連続失踪事件が起きていたある日、会社員の夫の高野健一(田中直樹さん)と長男の和樹(佐野勇斗さん)と長女のそら(稲垣来泉さん)と憧れのタワーマンションの25階の一室に引っ越してきた主婦の高野亜紀(菅野美穂さん)が、独自のルールを作ってタワーマンションを仕切ろうとする“セレブ主婦”たちの集団に振り回されながら、子供たちがいじめられないように、半強制的なランチ会や季節のイベントにも参加したり、実家のクリーニング店の隣に住んでいた、今はスポーツインストラクターの生方航平(岩田剛典さん)と再会したりと、何とか新しい生活に馴染もうとしていく中で、真上の部屋に一人で暮らしている親切なフラワーコーディネーターの佐々木弓子(松嶋菜々子さん)と出会い、弓子さんに生活を見守られていく(見張られていく)、いうような話でした。

作と脚本は池田奈津子さん、演出は塚原あゆ子さんでした。エンディングに流されていた主題歌は、THE YELLOW MONKEYの「砂の塔」という曲でした。

ドラマの冒頭には、松嶋菜々子さんの演じる佐々木弓子さんが浴室に飛び散った血をシャワーで洗い流すという場面がありました。

失踪した子供の服は失踪したと思われる場所に残されていて、その服の上には必ず一輪の黄色のカーネーションが刺さっていることから、捜査を担当している刑事の荒又秀実(光石研さん)は、黄色のカーネーションの花言葉は「軽蔑」であり、犯人は軽蔑すべき親に罰を与えようとしているのではないかという風に考えていました。

第1話では、弓子さんが失踪事件にどのように関わっているのかはまだよく分からなかったのですが、親しくなった主婦に盗聴器を組み込んだフラワーアレンジメント作品をプレゼントし、阿相寛子(横山めぐみさん)や橋口梨乃(堀内敬子さん)などの“セレブ主婦”たちの部屋の天井の隅に取り付けられている防犯カメラ?をハッキングして、その人たちの生活を窺ってました。

最後に「砂の塔」というタイトルの出るエンディングは、良かったと思います。

「タワーマンション」で暮らす人々の間に巻き起こるサスペンスの物語のようで、サスペンスの部分はそれなりに面白そうにも思えたのですが、「タワーマンション」の偽装セレブ的な主婦たちが勝手に作った「ヒエラルキー(階級)」の場面は、私には、見ていて疲れてしまう場面でもありました。

実際の「タワーマンション」にこのような謎のルールがあるのかどうかは私には分からないことなのですが、もしもあるとするなら、本当にくだらないですし、面倒くさいですし、関わりたくないことであるように思います。

また、虚栄心からブランドものの製品で着飾る仕切り屋の主婦とそれに振り回されてしまう平凡な主婦とのギスギスとした関係性が、何となく、(私は少ししか知らないのですが)湊かなえさんの作品風のドラマであるようにも思いました。似たような境遇にいる女性同士の争いとかいがみ合いとか騙し合いとか、好きな方は好きなのだろうとも思うのですが、第1話を見た印象としては、私には見ていて少し疲れてしまう作品であるように思えました。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム