「真田丸」第42回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第42回「味方」を見ました。

第42回は、大坂城に入城して茶々(竹内結子さん)との14年ぶりの再会を果たし、豊臣秀頼(中川大志さん)から戦の総大将になってほしいと頼まれた真田左衛門佐幸村(信繁、堺雅人さん)が、自分が総大将になることへの毛利豊前守勝永(岡本健一さん)や後藤又兵衛基次(哀川翔さん)の反発心に理解を示し、毛利勝永と後藤又兵衛と、相部屋になった長宗我部盛親(阿南健治さん)、キリシタンの明石全登(小林顕作さん)との合議制にすることを、秀頼の側近の決断の遅い大野治長(今井朋彦さん)に代わって提案し、秀頼に総大将になってもらうことを決める話でした。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は木村隆文さんでした。

大坂五人衆の誕生の話でしたが、黒田官兵衛の家臣だった後藤又兵衛と大名家の毛利勝永が相部屋か一人部屋かで言い合いになったり、土佐の長宗我部元親の息子の長宗我部盛親が顔に似合わず寂しがり屋だったりしていた場面も面白く、秀頼の元に味方として終結した武将たちの野心が描かれていたところも良かったですし、その野心のある武将たちに接した幸村が「勝てる!」と気合を入れるのを見ていて、「歴史」の結末を知っていても、何だか本当に勝つことができるような気がしました。

江戸の真田屋敷の真田伊豆守信之(大泉洋さん)は、幸村が大坂城に入城した後、佐助(藤井隆さん)が持ってきた書状を読み、そこで初めて信繁が「幸村」と改名して豊臣に味方するために大坂へ行ったことを知ったようでした。

信之の嫡男の真田信吉(広田亮平さん)と次男の真田信政(大山真志さん)は、小山田茂誠(高木渉さん)や矢沢三十郎頼幸(迫田孝也さん)と共に、徳川家の家臣として戦うために江戸を出発し、信繁が大坂へ行ったことを知った堀田作兵衛(藤本隆宏さん)は、真田幸村の長女で姪のすえ(恒松祐里さん)に婚約者の石合十蔵重定(加藤諒さん)との仮結納を頼んでそれを見届けた後、戦は嫌いとぼやく友人の与八(今野浩喜さん)と佐助と3人で信之のもとを離れ、信繁のいる大坂へ急いでいました。

徳川家の家臣として真面目に暮らしている信之は、大坂へ行こうとする作兵衛たちを本気で斬ろうとしていたのでしょうか。信之の右手のしびれが作兵衛たちを逃がすのに役立つとは思わなかったのですが、そのようなところも何だかこのドラマの信之らしく思えました。

徳川家康(内野聖陽さん)が「真田」と聞いて、安房守か、息子か、と慌てていた場面もまた面白かったです。家康は気の強い阿茶局(斉藤由貴さん)に漢方薬を飲まされていたのですが、きり(長澤まさみさん)の父親の高梨内記(中原丈雄さん)も、も、本多正信(近藤正臣さん)も年を取っていて、手がしびれている信之も、風のように走ることができなくなった佐助も含め、今回の「真田丸」にコミカルに描かれている「老い」への眼差しが優しい感じがして良いです。

あと、これは前回にも少し気になったことなのですが、明石さんと一緒に紀州の九度山村の信繁の説得に来ていた片桐且元(小林隆さん)はどこへ行ったのでしょうか。これから描かれるのかもしれませんが、今回にも片桐さんは登場していませんでした。

「真田丸紀行」では、長野県長和町の中山道の長久保宿本陣跡が紹介されていて、「すえのこと、お見捨てなきよう、お頼み申します」と書かれた信繁の書状が遺されていること、石合十蔵さんと結婚したすえさんがその地で天寿を全うしたことなどが伝えられていました。良かったです。

次回の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム