「真田丸」第43回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第43回「軍議」を見ました。

第43回は、茶々(竹内結子さん)から豊臣秀頼(中川大志さん)を死なせないでほしいと密かに頼まれ、徳川軍に勝つためには大坂城の外へ出て京で戦うべきと考えた真田左衛門佐幸村(信繁、堺雅人さん)が、総大将の秀頼の御前で開かれることになった軍議の場で、籠城すべき主張する五人衆の毛利豊前守勝永(岡本健一さん)や後藤又兵衛基次(哀川翔さん)、長宗我部盛親(阿南健治さん)、明石全登(小林顕作さん)、豊臣家の家臣の木村長門守重成(白石隼也さん)、茶々の乳母の大蔵卿局(峯村リエさん)の息子で秀頼の側近の大野修理大夫治長(今井朋彦さん)、織田有楽斎(井上順さん)を説得しようとする話でした。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は小林大児さんでした。

真田伊豆守信之(大泉洋さん)の嫡男の真田信吉(広田亮平さん)と次男の真田信政(大山真志さん)は、徳川秀忠(星野源さん)や本多正信(近藤正臣さん)のいる陣に合流していたのですが、弟が大坂城へ入ったという連絡を受けた江戸の真田屋敷の信之は弟が思い切り徳川と戦うことができるようにするため、姉の松(木村佳乃さん)に頼んで、息子たちが前線へ出ることがないようにする方法を考えていました。

一方、徳川家康(内野聖陽さん)のもとを、豊臣の元家臣の片桐且元(小林隆さん)が訪ねていました。大蔵卿局たちに疎まれ身の危険を感じて豊臣家を出た片桐さんは、豊臣が集めている兵糧について家康から訊かれて、迷いながら、10万人の兵には持って半年の量だろうということを答えていました。片桐さんは、徳川の家臣として迎えられることになったようでした。

秀頼と五人衆の軍議の間、茶々は大坂城を訪ねてきた妹の初(常高院、はいだしょうこさん)と会って懇談していたのですが、乳母の大蔵卿局と有楽斎は、籠城という作戦が幸村に覆されないよう大野治長を注意し続けていました。

京に攻め入って家康の首を取ろうという作戦を提案し、毛利勝永の賛同を得た幸村が、キリスト教の布教を許可してもらいたい明石全登、長宗我部家の復興を願う長宗我部盛親、死に場所を求めていた後藤又兵衛、若い木村重成、そして大野治長までを堂々と説得していき、五人衆や秀頼の重臣たちが秀頼を中心にまとまっていく流れがとても良かったです。

必ず勝てる、負ける気がしない、と断言する幸村の言葉に、史実を知っている私も、本当に豊臣軍が勝つことができるような気がして(徳川軍が負けた方がいいというわけではないのですが)何だか嬉しいような気持ちになりました。

しかし、大坂城に集まった武将たちを信用せず、籠城で通したい有楽斎と大蔵卿局、そして茶々は秀頼を説得し、秀頼は外で戦うことを諦め、母親たちの言う通りに籠城をすることに決めたようでした。大野治長と木村重成は、そのことを幸村に伝え、幸村も籠城の方向で、新たな作戦を考えることにしていました。

本編の後の「真田丸紀行」では、後藤又兵衛の槍が紹介されていました。とても長くて重そうな槍で、それを振り回して戦っていたのだとするなら、後藤又兵衛は本当に強い武将だったのだろうなと思いました。

出城の築城が始まるらしい次回の「真田丸」も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム