「IQ246~華麗なる事件簿~」第3話

TBSの「日曜劇場」のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の第3話を見ました。

第3話は、法門寺沙羅駆(織田裕二さん)の執事の賢正(ディーン・フジオカさん)が、現在はカリスマセレブ主婦モデルとして活躍している高校時代の同級生の滝乃川美晴(観月ありささん)と再会し、美晴さんの夫で不動産会社の社長の滝乃川隆文(高木渉さん)が町工場の元経営者の下村辰也(岡田浩暉さん)に自宅の居間で刺されて殺され、下村さんが居間に置かれていた花瓶で後頭部を殴られて殺されるという事件に巻き込まれた美晴さんを沙羅駆さんの推理から守ろうとする話でした。

脚本は泉澤陽子さん、演出は坪井敏雄さんでした。

夫が自分と離婚をして浮気相手に遺産を渡そうとしていることを密かに設置していた盗聴器で知った美晴さんは、「13」からのメールに返信をして、夫を恨む下村さんを利用した「完全犯罪」を実行し、下村さんを部屋の花瓶で撲殺したのですが、そのことを視聴者はすでに知っているという倒叙型のミステリーとして、前半は展開していました。

ミステリーの部分はそうだったのですが、今回は主に、主人の沙羅駆さんと執事の賢正さんの物語でした。

沙羅駆さんと賢正さんと美晴さん、という三角関係?のようになって、沙羅駆さんは美晴さんを庇おうとする賢正さんに永久の暇を出したのですが、本当には、その喧嘩はお芝居だったのでした。それは最後のほうで明かされていました。美晴さんによると賢正さんは高校時代には陸上部だったそうで、普段は普通の洋服を着ているというのが少し意外でもあったのですが、執事の賢正さんは沙羅駆さんを絶対に裏切らないということが最後に改めて分かって、何だかほっとしました。

美晴さんの嘘は、和藤奏子(土屋太鳳さん)が見逃しそうになって賢正さんが捕まえた、盗聴マニアの証言からも明らかになろうとしていたのですが、割れたレプリカの花瓶の持ち手の指紋の向きよりも決定的になったのは、美晴さんが夫に依頼した時の音源を持っていると脅してお金を要求する下村さんの妻(占部房子さん)を、賢正さんを利用して殺す際に、自らその犯行を告白したからでした。下村さんの妻は、美晴さんを脅すことを沙羅駆さんに頼まれていたようでした。

美晴さんに利用されそうになっていた賢正さんは、それでも美晴さんのことを好きだったようでした。ドラマの初めのほうでは、賢正さんは、美晴さんが抱えていたダイヤモンドリリーの花束を見て花言葉は「幸せな思い出」だと言っていたのですが、最後のほうの、下村さんの妻と会う美晴さんのテーブルにはストロベリーフィールド(千日紅)の赤い花を用意していました。和藤さんが調べたところ、その花言葉は「変わらぬ愛を君に」でした。

ダイヤモンドリリーは、花びらの表面がダイヤモンドの粉を散りばめたようにキラキラとしているユリの花です。ストロベリーフィールドは、私は千日紅という名前でしか知らなかったのですが、ドライフラワーにもよく使われている花です。

ダイヤモンドリリーの花言葉で始まりストロベリーフィールドの花言葉で終わるという構成も、賢正さんの美晴さんへの思いが花言葉に託されるというところも、良かったように思います。

沙羅駆さんと賢正さんの深いつながりは、和藤さんが思っていたようなものではなく、沙羅駆さんによると、「もっと崇高な」ものなのだそうです。

今回の和藤さんは、沙羅駆さんの妹の瞳(新川優愛さん)の付き人のようになっていたり、睡眠薬がトッピングされたハロウィン仕様のドーナツで眠らされたりしていましたが、刑事の和藤さんがスイーツに釣られて眠らされて捜査にほとんど参加できないということは、これからもあるのでしょうか。沙羅駆さんと賢正さんと和藤さんの個性や関係性が、このドラマに少し慣れてきたということもあるのかもしれないのですが、何となく楽しく思えてきました。

あと、沙羅駆さんは、「13」がパソコンのカメラのハッキング?をして自分を監視していることに気付いていたようでした。今までも気付いていながらそれを放置していたのでしょうか。沙羅駆さんはカメラの向こうの犯人を「モリアーティ」と呼んでいました。やはり「モリアーティ教授」のようです。

すごく面白いというのとはまだ少し違うかもしれないのですが、でも、次回の物語も楽しみにしていようと思います。


ところで、今日はハロウィン(ハロウィーン)の日です。もともとは古代ケルト人が冬の始まりに秋の収穫を祝うお祭りだったそうです。そのお祭りと、その頃に現れる魔物たちから身を守るための行事とが重なっていたのだそうです。仮装イベントに興味を持つことができないでいる私は、ハロウィンのことも今までほとんど気にしていなかったのですが、最近は、オレンジ色と紫色のハロウィンの飾りをかわいいと思うことができるようになってきました。ケーキ屋さんのガラスケースに並ぶ小さなハロウィン装飾のケーキもかわいいです。古代ケルト、と聞くと、何か神秘的であるような気がしてきます。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム