「家政夫のミタゾノ」第2話

テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」の「家政夫のミタゾノ」の第2話を見ました。

第2話は、所長の結頼子(余貴美子さん)が依頼を受けて「むすび家政婦紹介所」から派遣された三田園薫(松岡昌宏さん)と花田えみり(清水富美加さん)が向かった先のアパートの部屋は、「お嫁さんにしたいNo.1」の大人気女性アナウンサーの木杉舞(小林涼子さん)の自宅で、独身と思われていた木杉さんには何と二人の小学生の子供がいたのに、木杉さんは子供たちに自分が母親であることを口止めし、それを世間にひた隠しにして冠番組を狙っていた、という話でした。

第2話も、脚本は八津弘幸さんで、監督は七高剛さん(高の文字ははしご高です)でした。

松岡昌宏さんの演じる謎の三田園さんが突き抜けていて、第2話も面白かったです。

家政婦を依頼したのは、子供たちの世話をするために愛媛から出て来ていた木杉さんの母親だったのですが、子供たちは、母親が仕事で忙し上に、母親のことを誰にも話すことができず、学校行事にも来てもらうことができないという辛さの中で寂しい思いをしていました。

子供たちを不憫に思ったのは、花田さんも三田園さんも、もしかしたら同じだったのかもしれないのですが、解決をしようとする方法が、三田園さんは直球で荒いのでした。

ケーキ屋さんでアルバイトをする売れない役者の野口さんを、スカートの裾を持って無表情で猛スピードで追いかける三田園さんがすごかったのですが、子供たちの父親だと言われて木杉さんの“ストーカー”になっていた野口さんは、本当は子供たちの父親ではありませんでした。それは「血液型」で証明されました。三田園さんはそのことに早い段階で気付いていながら誰にも言わず、突然、観客のいるテレビ番組の撮影現場でスクリーンを使って公表していました。

公園を歩いてくる母親に気付いた子供たちが周囲の目を気にする母親に無視されるという悲しい場面が、三田園さんに「停止」されて家事情報のコーナーになっていたところも、何だか面白かったです。そしてそこからが、母親であることよりも「お嫁さんにしたいNo.1」の女子アナウンサーであり続けたい木杉さんの「終わりの始まり」でした。

シングルマザーであることがスタッフや一般の視聴者に知られてしまった木杉さんは、その後、三田園さんに言われたとおりに、ゴム手袋で引っ越しのためのカーペットの掃除をしている時、2段ベッドの下から「おかあさんへ」と書かれた缶を見つけ、その中に入っていた折り紙で作られた「冠」を見て泣いていました。そして、東京を離れた木杉さんは、家族の暮らす愛媛のローカルテレビ局のアナウンサーになったようでした。木杉さんに利用されていた野口さんも、若手の役者として出世をしたようでした。

第1話に続き、第2話も、仕事を重んじて家庭を顧みようとしなかった依頼者が、家政婦(家政夫)の三田園さんの介入により、仕事を失って家庭に目を向けるようになっていくという展開の物語でした。それまでの仕事を失うけれども、家族の大切さに気付いていく依頼者は幸せそうですし、そうなるように仕向けて行く三田園さんの謎も、もしかしたら三田園さんの家族の問題と何か関わっているものなのかもしれません。

松岡昌宏さんの三田園さんと、清水富美加さんの花田さんの、対照的だけれどどちらも少し現実離れしている感じのコンビも楽しいですし、女装の三田園さんの“違和感”と一話完結の“良い話”とのバランスも良いのだと思います。

あと、オープニングの赤と黒と白のレトロな雰囲気の切り絵の映像もかわいいです。

次回の予告の夏木マリさんの演じる家政婦も何だか怖そうで面白そうに思えましたし、夜11台のドラマなのでまた録画をして見ることになると思いますが、次回の「家政夫のミタゾノ」の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム