「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 4」第4話

テレビ朝日のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 4」の第4話を見ました。

第4話は、「東帝大学病院」の副院長の久保東子(泉ピン子さん)の口利きで肥満治療のために密かに特別患者として入院することになったカリスマ美人姉妹ユニットの「四葉姉妹」の妹の美音(小林きな子さん)の検査結果を見てただの肥満ではないことに気付いたフリーランスの外科医の大門未知子(米倉涼子さん)が、手術を不安がる妹に付き添う厳しい姉の美麗(高岡早紀さん)も深刻な病を抱えていることに気付き、手術をするよう説得して、お互いを思いやる姉妹の希望を叶えるため、二人の手術を同時刻に行う、という話でした。

脚本は香坂隆史さん、演出は松田秀知さんでした。

第4話も面白かったです。

今回には、予告の通り、原守(鈴木浩介さん)が戻ってきていました。そして、久保副院長に利用されていました。蛭間院長(西田敏行さん)に金沢の分院に飛ばされていた外科医の原さんは、金沢で「ダイエット医療」の研究を続けていたそうです。ドラマの説明によると、主に胃の大きさを制限する手術のようでした。

高岡早紀さんの演じる気の強い美麗さんと、小林きな子さんの演じる優しい美音さんとの姉妹愛も良かったですし、「スーパードクター」の北野さんとは研修医時代の同期だったという、大門さんにいつも簡単に忘れられている原守さんは相変わらず面白い存在感で、「腹腔鏡の魔術師」の加地さんとのそれほど深くはなさそうな友情が描かれていたのも楽しく思えました。

脳の腫瘍によるクッシング病という病のために肥満体型になっていた美音さんの手術は、脳外科の北野さんと助手の大門さんが行い、ステージ3の大腸癌だった美麗さんの手術は、麻酔科医の城之内さん(内田有紀さん)が付いて、最初は原さんが行っていたのですが、「失敗しない」大門さんが美音さんの開頭手術を先導して行い、それをすばやく終えると、今度は原さんの手術を見ていて途中から援護に来た加地さんが助手に入っていた美麗さんのオペに加わり、開腹による摘出手術を行って、美音さんが目を覚ました時、姉の美麗さんがそばにいることができるようにしたのでした。

「神原名医紹介所」の神原晶(岸部一徳さん)は、二つの手術分のメロン2個と、2700万円の請求書を蛭間院長に渡していましたが、2つ目のメロンの箱は、晶さんの黒い鞄の中から出てきたのでしょうか。

美麗さんの大腸癌の手術をまたほとんど大門さんに取られた原さんは、患者さんが助かって良かったと、加地さんに別れを告げて、金沢へ帰ることになったのですが、原さんとの別れを悲しんでいた加地さんが美麗さんに頼んだおかげで、マスコミに原さんの手柄が知られることになり、再び原さんの名声を利用することにしたらしい久保副院長と蛭間院長の考えで、原さんは東帝大学病院に残ることになったようでした。

今回は、黄川田高之内科部長(生瀬勝久さん)がお休みでしたが、次回には登場するようでしたし、遠藤憲一さんの海老名さんも再登場するようで、次回もまた面白そうに思えました。あと、麻雀台に猫のベン・ケーシーが乗っていたのもかわいかったです。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム