「真田丸」第44回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第44回「築城」を見ました。

第44回は、籠城をするという作戦の中で計画を立て直さなければいけなくなった真田左衛門佐幸村(信繁、堺雅人さん)が、牢人たちを信用しない茶々(竹内結子さん)とその乳母の大蔵卿局(峯村リエさん)と織田有楽斎(井上順さん)の反発を受けながらも、大野修理大夫治長(今井朋彦さん)の協力を得て、総大将の豊臣秀頼(中川大志さん)の決断の下、大坂城の南の平野口に大きな半円状の出城「真田丸」を築くまでの話でした。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は田中正さんでした。

幸村は、大坂城に到着した佐助(藤井隆さん)から兄の真田伊豆守信之(大泉洋さん)の嫡男の真田信吉(広田亮平さん)と次男の真田信政(大山真志さん)が徳川の陣に入ったという知らせを受けていたのですが、仙千代が信吉と改名し百助が信政と改名したことをそこで初めて知ったようでした。

二代目出雲阿国(シルビア・グラブさん)の一行に混ざって徳川の陣に入った松(木村佳乃さん)は、信吉と信政に、叔父の幸村が豊臣軍にいることを教え、真田同士が戦わないようにするために後ろのほうで目立たないようにしているようにとの信之の策を伝えていました。戦いたい弟の信政は不満そうでしたが、戦いたくない兄の信吉はすぐに受け入れていました。

それから幸村は、佐助と共に大坂城へ来た堀田作兵衛(藤本隆宏さん)に濃い赤色の鎧兜を用意するよう命じ、鎧を試す与八(今野浩喜さん)が漆でかぶれたりしながら、真田軍全員分の「赤備え」を完成させていました。

牢人たちを信用しない母親やその側近たちの意見を聞いて迷っていた秀頼が、最終的には自分の判断で出城の完成を命じ、毛利豊前守勝永(岡本健一さん)や後藤又兵衛基次(哀川翔さん)にも信頼しているということを直接伝えていた場面も良かったです。

大野治長がこのドラマでは真田幸村に協力的になっているところも良いと思います。でも、その反対に、織田有楽斎と茶々の乳母の大蔵卿局は“悪い人”になっています。徳川方に豊臣方の情報を流しているのは織田有楽斎(織田長益)なのかなと思えるほどです。

高齢の徳川家康(内野聖陽さん)と本多正信(近藤正臣さん)が、戦をしたことのない若手の家臣たちに「仕寄せ」の作り方を一から教えなくてはいけないという場面も面白かったです。それでも家康は、豊臣が籠城をすると決めた時点で徳川が勝つと考えていました。

京の二条城から奈良を経由して住吉に陣を構えたという家康のもとには、上杉景勝(遠藤憲一さん)や直江兼続(村上新悟さん)や伊達政宗(長谷川朝晴さん)が集まっていました。上杉景勝も高齢になっているのかもしれません。

それにしても、今回はオープニングがいつもと異なっていました。オープニングのクレジットがなく、六文銭を背景にした字幕のある、有働アナウンサーの語りの部分から始まっていました。

そして、最後、出城を完成させた真田幸村が「真田丸よ!」と名付けた直後のエンディングに、挾土秀平さんによる「真田丸」の題字のオープニングが流れていました。

その映像の中ではいつもはその回の予告映像が流れていますが、今回は、次回の予告(第45回「完封」)の映像に代わっていました。今回だけがこのような演出なのか、最終回までこのままで行くのか分からないのですが、新鮮な感じがして良かったです。騎馬隊の馬の声や音も、これまでより増えていたような気がしました。

最終回が近付いていますが、大坂城に真田丸が完成したこれからの「真田丸」の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム