「スニッファー 嗅覚捜査官」第4話

NHKの土曜ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官」の第4話を見ました。

第4話は、新興宗教のナンバー2と言われる女性幹部が教団施設内で殺害されるという事件が起きたことを知った教祖の徳大寺照子(黒木瞳さん)が、10年前の幹部殺害事件で知り合った嗅覚捜査官の華岡信一郎(阿部寛さん)を呼び出し、教団内に潜む殺人犯を探し出すよう依頼する、という話でした。

公安が極秘に調査していたその宗教施設に単独で出向き、徳大寺さんと再会した華岡さんは、遺体の周辺に漂う匂いから、糖尿病でインスリンの注射を使っている男性が犯人だろうと推測し、さらに花のような植物の匂いを察知し、潜入捜査員だった人物から、信者たちがお守りとして身に着けているそれぞれ香りの異なる匂い袋のようなものがあることを教えられ、幹部たちに近付こうとして罠にかかるのでした。

脚本は林宏司さん、脚本協力は山岡潤平さん、演出は橋爪紳一朗さんでした。

阿部寛さんと謎の新興宗教という組み合わせを見ると、テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」だった「TRICK(トリック)」を私はつい思い出してしまうのですが、当然のことながら「トリック」のような話ではありませんでした。

ごみ捨て場に倒れていた遺体のことを知ろうとして鼻から思い切り空気を吸い込んだ華岡さんが現場の臭さに倒れそうになっていたところなど、第4回も面白かったのですが、華岡さんの御守り役?の独身刑事の小向達郎(香川照之さん)とのやり取りが面白いドラマであるように思うので、もう少し二人で組んで事件を解決するという展開になっていても良いような気がします。

風の強い高層ビルの屋上に残留している匂いも判別することができる華岡さんの嗅覚なら、インスリン注射の匂いのする幹部をもっと早く見つけることができそうにも思えるのですが、あまり細かいことは気にしないで見たほうがいいドラマなのかなという気もしてきました。次回も楽しみにしていようと思います。

ところで、先日のスカパーの「無料の日」の時の「ANXミステリー」というミステリードラマチャンネルで、「スニッファー ウクライナの私立探偵」が放送されていました。それで、スカパーに加入することができていない私は録画をすることができたシーズン2の第2話を見てみたのですが(字幕でした)、主人公のスニッファーを演じているキリル・カロさんという俳優さんの外見は阿部寛さんに何となく似ている感じで、「リメイク版」であるこのNHKの「スニッファー 嗅覚捜査官」よりも、物語は事件とその解決に集中していて、都会的な雰囲気のシリアスな展開のドラマでした。基本的には一話完結のドラマなのだと思うのですが、連続ドラマの要素も盛り込まれているようでした。その作品についてほとんど知らないままの私が見ても何となく面白く思えたので、やはり面白いドラマなのだろうと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム