「家政夫のミタゾノ」第4話

テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」の「家政夫のミタゾノ」の第4話を見ました。

第4話は、不動産王の勅使河原忠(森下哲夫さん)と若い妻の美津子(中村静香さん)との結婚を財産目当てではないかと疑う、長男の章一(林泰文さん)の妻の益美(西尾まりさん)に美津子さんの見張り役として雇われた「むすび家政婦紹介所」の家政婦の三田園薫(松岡昌宏さん)と花田えみり(清水富美加さん)が、結頼子(余貴美子さん)が「後妻業」ではないかと推測する美津子さんの思惑と勅使河原家の秘密を暴いていく話でした。

脚本は小峯裕之さん、演出は片山修さんでした。

第4話も面白かったです。

次男の真吾(夙川アトムさん)が盗聴をしていることに気付いた三田園さんが盗聴器を自作して探し出す場面も、手を叩いて真吾さんを驚かす場面も面白かったです。

松岡さんの三田園さんも清水富美加さんの花田さんも良かったのですが、今回は特に西尾まりさんの演じる長男の妻の益美さんと中村静香さんの演じる看護師の美津子さんも良かったのだと思います。

良い人か悪い人なのか最後まで分からない雰囲気の美津子さんを見ていて、TBSのドラマだった「女系家族」(主演は米倉涼子さんでした)を少し思い出しました。「後妻業」というものではないのだとしても、ドラマの勅使河原さんの言うところの「結婚セラピー」(出さない婚姻届を書いて癒されるという遊びのようなセラピー)というものが実際にもあるのだとしたら、それもまたすごいことのように思いました。

「プロ」の美津子さんに嘘をつくのが上手いことを見抜かれていた三田園さんの最後の微笑が少し不気味でしたが、それも含めて第4話も最後まで楽しく見ることができました。

三田園さんが家事情報を伝える時の、時間が止まる場面も良かったです。今回はまた舞台の演劇風でもありました。セスキ炭酸水での掃除は、私も行ったことがあるのですが、気を付けないと手が荒れるという以上に、セスキ炭酸が濃いと拭き掃除をする場所の塗料が解けてしまうこともあるので、そのようなところにも注意が必要なのかなと思います。次回の三田園さんの物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム