「スニッファー 嗅覚捜査官」第5話

NHKの土曜ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官」の第5話を見ました。

第5話は、夜の報道番組を始めることになった当日の朝に人気キャスターの鹿島吾郎(原田泰造さん)の子供・洋一(寺田心さん)が誘拐され、その捜査に参加することになった刑事の小向達郎(香川照之さん)と嗅覚捜査官の華岡信一郎(阿部寛さん)が、番組の始まる夜10時までに、身代金の一億円と報道番組で「隠し子」を公表することを要求された鹿島さんに恨みを持つ人物と、子供の行方を探し出そうとする話でした。

脚本は林宏司さん、演出は橋爪紳一朗さんでした。

原田泰造さんの鹿島さんも良かったですし、鹿島さんの関係者には、他には、鹿島さんの立場を守ろうとするマネージャー(山崎樹範さん)、視聴率が上がることだけを気にするテレビ局の社長(ダンカンさん)、元妻が洋一さんを任せていたヘルパーの山内瞳(菜葉菜さん)、鹿島さんのせいでテレビ局を辞めて病気の妻の治療費に困っていたという元ディレクターの大田原敦(ドロンズ石本さん)がいたのですが、その人物たちのドラマも良かったです。

マンションの管理人やテレビ局のディレクター風の扮装をした小向さんと華岡さんのやり取りも楽しかったですし、これまでよりも華岡さんの鼻が捜査に活かされていたというか、華岡さんの鋭い嗅覚で科学的に捜査をしているという感じがよく出ていたように思えて、面白かったです。

視聴者の人気を維持するために洋一さんの存在を認めない鹿島さんと、鹿島さんをお父さんと思いたい洋一さんとが親子であることを、華岡さんの嗅覚がDNAの匂いを感じ取って断言するというのも、何だかすごいように思えましたし、その場面での「僕の鼻は間違えない」にも何か説得力があったような気がします。

今回の事件は「親子」がテーマになっていて、鹿島さんと洋一さんの物語と並行して、華岡さんと元妻の片山恵美(板谷由夏さん)と娘の片山美里(水谷果穂さん)の親子の物語も描かれていました。最後、学校を勝手に休んでいた美里さんが人を殺した容疑で捕まったようなのですが、これは次回の物語に続く場面でした。次回も楽しみにしていようと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム