「真田丸」第46回

NHKの大河ドラマ「真田丸」の第46回「砲弾」を見ました。

第46回は、真田丸を攻略できなかったものの包囲を続ける徳川方が大坂城に向かってときの声を上げて豊臣軍を不安にさせ苛立たせる中、真田左衛門佐幸村(信繁、堺雅人さん)に総大将としての自身の言葉の重みを説かれた豊臣秀頼(中川大志さん)が徳川家康(内野聖陽さん)の家臣の本多正純(伊東孝明さん)の指示を受けた織田有楽斎(井上順さん)と大蔵卿局(峯村リエさん)から兵を失わないうちに徳川と和睦をするよう勧められてそのように決断しようとしたのを、幸村が説き伏せた母親の茶々(淀殿、竹内結子さん)に強く反対されて迷っている間に、家康が購入して茶臼山の本陣に運び入れたイギリス製の大砲・カルバリン砲の砲弾を天守に受けてしまう、という話でした。

作(脚本)は三谷幸喜さん、演出は保坂慶太さんでした。

第46回も、とても面白かったです。

江戸の真田屋敷の真田伊豆守信之(大泉洋さん)は、豊臣を救いたいと考える平野長泰(近藤芳正さん)と一緒に大坂城へ行こうとしていたのですが、妻の稲(吉田羊さん)に止められ、奥の部屋にいた出浦昌相(寺島進さん)にも昌幸が守ってきた真田家を潰す気かと父親や弟とは異なる計画性の無さを指摘されて止められていました。それでも出かけようとした信之が、出浦さんの忍術に遭って、蜘蛛の巣を大きくしたような?ベトベトの網に捕まっていたのも面白かったです。出浦さんが生きていて良かったです。

昌幸の弟の真田信尹(栗原英雄さん)の再びの登場も、嬉しく思いました。徳川方の信尹は、家康に真田幸村の調略を頼まれ、寝返ったなら10万石を約束するという手紙を持って大坂城の幸村と久しぶりに会うと、幸村に手紙は読まなくていいと伝え、幸村も手紙をすぐに破り捨てていました。

夜討ちをかけようという話し合いでは、長宗我部盛親(阿南健治さん)とミサの予定を入れる明石全登(小林顕作さん)は外れたのですが、犬の遠吠えが上手かった塙団右衛門(小手伸也さん)と毛利勝永(岡本健一さん)と後藤又兵衛基次(哀川翔さん)と木村長門守重成(白石隼也さん)と、そして幸村が、夜、蜂須賀口に集まり、大立ち回りを繰り広げていました。木村さんを助けた塙団右衛門が、倒した相手のそばに名刺の木札を残していたのも面白く思いました。塙団右衛門は、塙直之という名前だそうですが、「ばんだんえもんです」という名乗る時の響きが面白くて、このドラマでは名乗りながら名刺を配っているのかなと思います。

茶臼山の本陣では、家康が片桐且元(小林隆さん)の前に大坂城の間取り図を広げ、砲撃の際に茶々の部屋を外したいから教えてほしいと言って片桐さんから茶々の部屋の場所を訊き出し、城の南側に狙いを定め、天守に砲弾を放っていました。片桐さんが大坂城のことを家康に教えたのが、一応茶々さんたちを守るためだったという風に描かれていたので、それには少しほっとしました。

茶々さんの妹の初(はいだしょうこさん)が、姉のことを、両親と同じ運命を辿ると思い込んで城と共に死のうとしているのではないかという風に、幸村に話していた場面も良かったです。茶々さんの最期は、史実では、大坂城の落城後に自刃しているということですが、両親(浅井長政と、織田信長の妹の市さん)と同じ運命になることをどこかで感じ取っていたというのも、何となくなのですが、本当らしく思えました。

総大将としての若い秀頼の迷いが描かれていたのも良かったです。昨日のドラマでは、幸村は、徳川と和睦をしないほうが良いことの理由を秀頼に話していなかったのですが、直接説明したなら、秀頼はよく理解することができたのではないかなとも思いました。

茶々さんの侍女になったきり(長澤まさみさん)の、幼馴染みの幸村を見守り続ける芯の強い感じも良いです。今回の最後では、砲弾に崩れ落ちた建築材の下敷きになった女中たちに手を伸ばそうとする茶々さんを守ろうと必死に引き留めていました。

歴史を少し知っているので、最終回に近付いていくのが少し怖いような感じもしてくるのですが、次回の「真田丸」の物語も楽しみにしたいと思います。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム