「IQ246~華麗なる事件簿~」第6話

TBSの「日曜劇場」のドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の第6話を見ました。

第6話は、刑事の和藤奏子(土屋太鳳さん)が持っていたスポーツ新聞の記事にあった、真面目で誠実で誰からも恨まれる理由のない鈴木守(今野浩喜さん)が3週間前に土手の橋の下で殺されたという未解決殺人事件に目を留め、殺す価値のない人物に急に殺す価値が生じた理由を探ることにした法門寺沙羅駆(織田裕二さん)が、和藤さんと執事の賢正(ディーン・フジオカさん)と共に鈴木さんのアパートの部屋を訪れ、フィギュアのコレクションがきれいに並べられていた部屋の机の引き出しに株の資料を見つけると、鈴木さんが株の購入を相談していた証券会社の笠原亮次(和田聰宏さん)にたどり着き、亮次さんが自宅の階段の下で服を着替えて“転落死”をしているのを見て、多額の借金が原因で別居中の妻の葵(MEGUMIさん)と亮次さんの兄で売れない画家の壮一(平岳大さん)の共謀を見抜き、壮一さんの弟殺しの証拠を掴もうとする、という話でした。

脚本は栗本志津香さん、演出は木村ひさしさんでした。

クレジットのところの、演出の木村ひさしさんの名字と名前の間には顔の絵(ニコちゃんマーク?)が入っているのですが、その方の演出だからか、それが「宝くじ」が最初は鈴木さんの持ち物だったという一応の証拠にも使われていました。

和藤さんとの連携もそれなりに良かったように思いますし、今回には、沙羅駆さんが倒れているのを見た後の賢正さんのアクションシーンもありました。一本の木の棒を折って二本にして、二刀流の感じで壮一さんの動きを素早く抑えていたのには迫力がありました。

壮一さんは、弟を殺す前日に有名な賞を受賞していたようで、もしもその通知に気付いていたなら、弟を殺して「宝くじ」を奪う必要はなかったようでした。殺す価値のない人物に突然殺す価値が生まれた、というようなテーマは、ドラマの中の2件の事件に共通してはいたのですが、「連鎖する」というほどには連鎖はしていなかったようにも思いますし、少し散漫としているようにも思えました。

壮一さんを捕まえるために葵さんと二人で会うことにした沙羅駆さんは、そうして「完全犯罪」を目論む「13」の罠にはまり、最後には時限爆弾の謎の毒?の霧を浴びて倒れていました。そのビルの部屋が隔離された後、倒れている写楽さんの前に、防護マスクを付けた「マリア・T」が現れたのですが、その派手な女性を演じているのは中谷美紀さんでした。「モリアーティ教授」かもしれない「マリア・T」は、やはり監察医の森本朋美(中谷美紀さん)と同一人物なのでしょうか。それとも、よく似た別の人なのでしょうか。

次回の予告によると、沙羅駆さんは無事のようでした。いつも暇を持て余している沙羅駆さんですが、これからは「マリア・T」を追うことになるのかもしれません。
プロフィール

Author:カンナ
ブログ初心者です。
感想などを書いています。
マイペースで更新します。
すきなもの
 月・星空・雨・虹・雪
 飛行機雲・入道雲・風鈴の音
 透き通った水・きれいな色
 富士山・東京タワー・ラジオ・音楽
 本・絵画・ドラマ・(時々)アニメ
 掃除機をかけること
にがてなもの
 人ごみ・西日・甘すぎるお菓子
 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム